しずおかつぁー

日程:3/6~3/9
メンバー:綛谷、辻、三原、岡田
総走行距離:220km

こんにちは カズキングです。
今回はかっせーが異様にハイテンションだったり、ある方の陰謀に巻き込まれたりといろいろあったしずおかつぁーについて書いていきます。

一日目
まだ周りが闇に包まれた朝の3時半、僕たちは学校に集合し、ついにツアーが始まりました。
IMG_1187.jpg
そして、一行は辺りがまだ静まり返ったなか、高松駅へ
到着後、輪行の準備を整え、4時35分発のマリンライナーに乗り、長い輪行の旅へ…
その道中、窓を覗くと…
IMG_0828.jpg
これを見て、僕は、ついにツアーが始まったことを改めて実感したのであった。
半日近くに及ぶ、ツーリング以来の長い輪行を経て、ついに我々は最初の目的地沼津に到着~~!
IMG_0837.jpg
やっときつかった輪行がおわり、これで帰宅の時まで輪行のことは考えなくてもいいと思っていた(しかし、この期待は後々崩れることになるのだが…)
そして、沼津駅の目の前には…かっせーが愛してやまないラブライブサンシャインのキャラクターがお出迎え
このツアーの直前にアニメ第2期の放送が決定したばかりで、ラッピングされたバスも出るほど盛り上がっていました。熱烈なラブライバーであるかっせーが喜ばないはずがありません。
IMG_1197.jpg
着いて早々かっせーはこのようにテンションMaxになっていて、早速僕は置いてけぼりに

そして、我々一行はかっせーのお目当てであるラブライブサンシャインカフェに入っていきました。
IMG_0838.jpg
中に入ると、床や壁、テーブルにもキャラクターやアニメの場面写真が飾られており、かっせーの興奮はピークに達し、場面ごとの説明や魅力を熱く語りだすように…好きなものにハマっていくとこれだけ人を変えてしまうということを僕は実感したのであった。
かっせーの興奮が冷めない中、僕たちは料理と飲み物を注文
飲み物は全てアニメに出てくるキャラクターにちなんだものになっており
IMG_0841.jpg
とても強烈な印象を与えました。
そして、しばらくして料理も登場
IMG_0843.jpg
アニメにも出てきた焼きそばの上に卵を乗せたこれまた強烈な印象を与えるものでした。しかし、食べてみると、とてもおいしかったです。
そして、かっせーのとどまることを知らないハイテンションに僕たちも飲み込まれていき、
IMG_0842.jpg

IMG_1188.jpg
気が付くと、少しノリノリになってしまいました。

そして、カフェを後にした我々は地元のアニメショップに寄り、それから今日の夕飯へ
(そういえば、沼津に着いてからあまり自転車乗ってなかったな)
ここで初めて本格的に自転車走行がスタート!
我々は市街地を離れ、港付近まで走行
港近くの海鮮店で夕飯を取ることに
このとき、僕は刺身といった生魚はあまり好きではなかったのですが
IMG_0847.jpg
料理を見た途端、徐々においしそうに感じ始め、食べてみるとこれまでの価値観が大きく崩れ、新鮮な魚のうまさを実感しました。(ただ、カフェでけっこう食べたにも関わらず、欲張って大盛りにしてしまったせいでヘルプを求めることに)

そして、我々は沼津駅まで戻り、駅近くのネカフェで一夜を過ごしたのであった。

二日目
ネカフェを出た我々一行はいよいよ本格的なサイクリングの旅が始まりました。
まず、最初の目的地は、伊豆・三津シーパラダイスです。ここは、ラブライブサンシャインのミュージックビデオの舞台になった聖地です。もちろん、かっせーのリクエストです。

出発した後、我々は、まず途中の松屋で朝食をとり、それから目的地に向かって、海沿いの道をひたすら進んでいきました。その道中にもPVに出てきた場所がたくさんあり、そこを通る度にかっせーは大興奮して、解説に花を咲かせ、走行中は盛り上がりっぱなしでした。

かっせーの興奮が冷めないまま、ついに目的地に到着!!
IMG_1183.jpg
ちなみに、入場する前にPVを真似して写真を撮りました

IMG_0848.jpg
やっと少し落ち着き始めてから、ようやく入場
そこで、我々は、ナマコやカニの手づかみ体験をしたり、アシカ・イルカショーを鑑賞したりといろいろな思い出ができました。
IMG_1198.jpg

IMG_0882.jpg

IMG_0885.jpg

しかし、ここで人一倍の思い出を作ったのは、やはりかっせーでしょう
IMG_0864.jpg

IMG_0895.jpg
中に入ってもPVに出てきたシーンを真似たり、館内にあったキャラクターの絵を見るやそれと同じポーズをしたりと、ここでも熱烈なラブライバーの一面を垣間見えていました。果たして、周りの人にはどう見えていたのか…
それはさておき、記念写真は館内にあるモニュメントで撮りました。
付近には写真用のプラカードがあり、僕は三原といっしょにTJ達から渡されたプラカードを持って写真を撮ることに…
IMG_1194.jpg
...はめられた
誤解しないでください。決してアレではありませんから

IMG_1192.jpg
最後に4人で撮影

無事、シーパラダイスを後にした我々は、近くにあるこれまた聖地である浜辺に立ち寄ってそれぞれ時間を過ごし
IMG_1185.jpg
次の目的地であるさわやかを目指します。さわやかは、静岡県内でチェーン展開するハンバーグレストランであり、そこのげんこつハンバーグがとてもおいしいと評判なのです。

我々は、ここで昼食をとり、後半の走行に備えることにしていました。
ところが、KUCCで一番だと自負するくらい体力がない僕は少しずつ遅れ始め、しばしば前から大きく引き離されることも
それもあってか、さわやかに着いたときには2時近くになっていました。とはいえ、ぶっ通しで走って空腹になっていた我々は、さっそく店内に入っていきました。
IMG_0906.jpg

そして、お目当てのげんこつハンバーグを注文し、しばらくすると…
IMG_0907.jpg
やはり評判通り、来ただけでもこれはうまそうだと直感できるくらいおいしそうな見た目でした。もちろん、味は絶品で、あっという間に完食しました。

遅めの昼食を終えた我々は、富士山の絶景を見に三保の松原に向かいます。富士山はここまでの走行中にも何度かお目にかかっていたのですが、せっかく静岡に来たのならば、一つぐらいは絶景ポイントで富士山を見たいと思い、特に有名な三保の松原を選択したのです。

我々は、長い走行に備えて、コンビニで飲み物や補給食を買い、目的地に向かって快速に走り出しました。しかし、我々は知らなかった。これがいばらの道であったことを…

我々は、当初の予定通り、国道1号に入り、そこからは1号に沿って走行していました。噂によると、この1号には自転車専用道路があるといわれていて、それなら走りやすいだろうと考えての選択だった。しかし、その国道1号が最初の地獄だったのだ。

我々は、ツーリングを通して、バイパスには慣れていたため、オーバーパスやアンダーパスには冷静に対処していた。しかし、本当の地獄はこれからだった。我々は、バイパスに差し掛かったため、下道に降りて走行していたが、二輪車走行禁止の道や自動車専用の道にぶち当たり、我々は完全に翻弄され、迷走状態に…

さらに、その迷走状態の中我々は太平洋を望む道に差し掛かったのだが、
IMG_0911.jpg
ここで強烈な海風地獄に襲われてしまいます。この海風はこれまで経験したことがないほど強いものであり、いくら自転車をこいでもなかなか前に進まないほどでした。

そして、我々は、今行く道が正しいのか確信できないまま、走行を続けていたが、しばらく行くと自転車専用道路の文字が!
そして、その道を進むと…あったのです。噂の自転車専用道路が...

そこは我々4人が並列してもかなりの余裕があるくらい広くて、この道を走っているときは初めて天国にいるような気分に…
しかし、ゆっくりもしていられませんでした。出発が遅れ気味だったのに加えて、先ほどの迷走でだいぶ時間を喰っており、このままだと夜になって富士山が見えなくなってしまうという問題が起きたのです。本当はゆっくりその自転車道を走りたかったのですが、それを我慢して、我々は先を急ぎます。

そして、自転車道が終わり、再び下道に降りたのですが、またもや道がわからなくなり迷走することに…
それでも、なんとか迷走状態から抜け出し、目的地にも近づいてきたのですが、辺りはだんだん暗くなってきて、ちらほら街灯もつき始めました。走行中、間に合わないのではという不安もよぎったが、我々は諦めることなく走行を続け、ついに到着しました。
駐輪してから僕は急いで浜辺に向かって走りました。富士山は…
IMG_0920.jpg
見れた~~!
夕暮れ時に見る富士山もなかなかの絶景で、ここまでの苦労がすべて報われたような気分になりました。
そして、最後は富士山を背にして記念写真を撮り、三保の松原を後にしました。
IMG_1191.jpg

あと、戻る途中で撮った夕闇に包まれる浜辺もよかったな~
IMG_0923.jpg
こうして、長い長い1日が終わろうとしてるなと感慨にふけ…
たかったのですが、この時すでに6時を過ぎており、このままだと、二日目の宿泊地点である浜松への到着が深夜になってしまうということが判明。
そこで、我々がとった手段は…「輪行」である。
まさか、2日連続で輪行をすることになるとは…

しかし、何はともあれ、我々は無事に浜松に到着!
少し遅めの夕食は...  浜松名物の餃子で~す。
IMG_0924.jpg
やはり本場の味は格別でした。

その後、温泉で1日の疲れを癒し、市内のネカフェでそれぞれ一夜を過ごしました。
今思うと、この日はこのツアーの中で最も長いと感じた1日だったなぁ。

三日目
ネカフェを出た我々は、近くのすき家で朝食
その中で、静岡が地元である前副将のゆうきさんが、昨日行ったさわやかにもう一度行ってほしいというリクエストをしていたことが判明。実際、さわやかのげんこつハンバーグはとてもおいしかったので、我々は、この日の昼食をさわやかでとることにしました。(ただ一人、み○らだけあまり納得していなかったようですが…)

そして、朝食を終えた我々は、最終目的地の名古屋に向けて、出発しました。
この日、最初にペースを任されたのは三原でした。
しかし、このとき僕ら3人は気づかなかったのです。これが三原の陰謀であったことを…
我々は浜松を出て、浜名湖を望む道を爽快に駆け抜けていました。途中、休憩などで休むこともありましたが、とても順調に走行していました。
いや、順調すぎるくらいに…

メカトラやロストといったトラブルも特になく、快調に走行し、無事にさわやかに到着!
しかし、店の様子を見ると、なぜか静けさが立ち込めていました。
そして、僕たちは、気づいたのです。
店の営業時間前に到着したことに…
ここで、僕たちは初めて気づいたのです。快調に飛ばすことで、開店前に到着し、ここでの昼食を諦めさせるという、三原の陰謀の全貌を…
僕たちは、まんまと三原にはめられてしまったのです。
結局、時間が惜しいということで、三原の思惑通り、さわやかの昼食は断念することになり、外観だけ写真を撮り、さわやかを後にしました。
IMG_1189.jpg

そして今回、さわやかをリクエストしてくださったゆうきさんに、貴重なリクエストに応えられなかったことをこの場を借りて深くお詫び申し上げます。

その後、我々はさわやかに行けなかったモヤモヤ感を抱きながらも走行を続け、豊橋市で昼食を食べることにしました。
この日の昼食は、スマホで調べて見つけた「スパゲッ亭チャオ」のあんかけスパゲッティ
IMG_0925.jpg
この料理は50年以上の歴史を持つ三河の名物料理で、文句のつけようがないほどおいしかったです。我々はさわやかに行けなかったモヤモヤ感を忘れて、無我夢中で料理を食べていました。

完食後、店を後にし、名古屋までラストスパート!
といきたかったのですが、また到着が夜になりそうでだんだん面倒くさいと感じ始め、岡崎から名古屋までまたまた輪行をすることに…
この瞬間、「1日1輪行」達成が確定したのです...

結局最後は輪行をしたが、なんとか我々は最終目的地の名古屋に到着しました。
僕にとってはツーリング以来の名古屋でしたが、相変わらず名古屋は人が多くて、活気があふれていました。
その後、我々は駅から少し離れた温泉に行き、湯に浸かりながら、この日の走行の疲れを思う存分取り、ここ数日の思い出を思い返しました。

そして、我々は駅に戻って自転車を駐輪し、夕食を食べに駅前の地下街に降りていきました。
今回の夕食は... 名古屋名物の味噌カツで~す。
IMG_0926.jpg
言わずと知れた名古屋めしである味噌カツは、評判通りとても美味しくてけっこうなボリュームがあるにも関わらず箸が勢いよく進むほどでした。
ここで、我々は味噌カツを食べながら、今回のツアーの思い出を談笑し、ツアーが終わることへの寂しさも実感しました。

完食後、我々は駅近くのネカフェ(信州ツーリングで泊まった所)に行き、ツアー最後の夜を過ごしました。
四日目
我々は、ネカフェを出て、近くの喫茶店で朝食をとりました。
IMG_0927.jpg
そして、我々は早速帰りの輪行に向けて準備に取り掛かります。
すると今回のツアーで輪行作業を何度もしていたこともあってか、出発時に比べるとだいぶ早く準備が完了し、持ち運びも少し慣れたような...
そして、我々は帰りの電車に乗り込み、帰路につきました。
こうして、4日間にわたるツアーは終了したのです。
IMG_1195.jpg

余談
ちなみに、その後TJは用事があるために大阪で我々と別れ、1日遅れて高松に帰りました。
このツアーでの戦利品は、ラブライバー(かっせー)が欲しがる…
IMG_0931.jpg
伊豆・三津シーパラダイスで買った「うちっちー」で~す。
かっせーが片方のサイドバックを丸々使って必死に守り抜いた代物です。間違いなく彼の宝物になるでしょう。

今回のツアーを振り返ってみると、めっちゃ輪行したなぁとつくづく感じます。
実際、このツアーで1日1輪行という偉業を達成しており、走行技術だけでなく輪行技術まで上達したような気がします。
ツアーの題名も「1日1輪行ツアー」にしてもいいのでは…
まあとにかく、楽しい思い出がたくさんできたとても良いツアーでした。

かなり長くなってしまいましたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
(筆者岡田)
スポンサーサイト

おうちに帰ろうツアー

期間:平成28年10月27日(木)~10月30日(日)
総走行距離:80キロくらい?
メンバー:田中




みなさんこんにちは!57期のゆめしです。
なんやかんや、紆余曲折、いろんなことがあって突然一人でツアーに行くことになってしまいました。

せっかくの貴重な休みだし、愛犬の待つ実家に帰ろう!自転車で!というわけで、私の出身地である大都会岡山へ向かいます。



<1日目>
瀬戸内海はマリンで渡ることにして、3限の授業を受けてから高松駅まで向かいます。

2度のツーリングを終えた後なので、輪行だってお手の物です。
さらに、約1年間マリン通を続けた私に怖いものなどありません。瀬戸内海を渡ります。

瀬戸大橋


マリン通を続けるともはや瀬戸内海に何の感慨もわかなくなります。本当に恐ろしいです。



児島駅に着きました。ここから家までは自転車での走行です。
いつもマリンから見ていた風景の中を走るのは不思議な気分でした。1人なので気楽にゆったり走ります。

児島
児島は海沿いの港町です!


岡山市に入るころには見知った景色です。帰ってきたな~って感じがしますね。
途中渋滞に引っかかりましたが、中道にそれて回避です。地元だからできること!

家に着くころにはすっかり暗くなっていました。だんだん日が短くなって、冬の訪れを感じざるを得ません。

家族はまだ誰も帰ってきていませんでしたが、愛犬あきさんが迎えてくれました!
(あと実家のカギを持って帰るの忘れててしばらく家に入れませんでした…)



\お久しぶりです/
お迎えあきさん愛車とツーショあきさん


久しぶりに一緒にお散歩にも行きました!
お散歩あきさん

家に帰った後は母の手料理を食べました。おいしかったです。(小並感)




<2日目>
この日は天気が悪く雨が降っていたため、外出を諦めました。(意志が弱い)
あきさんとお留守番です。

ひきこもりあきさん1
ひきこもりあきさん2
/呼んだ?\


<3日目>
高校の友達とお昼を一緒に食べました。久しぶりに高校の通学路を通って、なんだか懐かしくなりました。

笹ヶ瀬川
こちら笹ヶ瀬川です。小学校とか中学校の校歌にも出てくるような地元の川です。


友達とのお昼ではプロデュース業の話とかお空の話とか定礎を復元する話とか、特に内容のない話ができてとても楽しかったです。(ソシャゲばっかり…)




ハル
このやけに躍動感にあふれる犬は祖母の家のハルです。


なんと晩御飯は祖母も一緒に焼肉でした!!!!!焼き肉大好き!!!!!
焼肉

肉は生きる活力を与えてくれますね…






<4日目>

*岡山県民になら伝わりそうな固有名詞ばかり出てきます


この日は、家が遠くてなかなか遊びに行けない、大学の友達の家に遊びに行きました。

私の家の最寄り駅が妹尾駅で、友達の家は岡山空港の方にあります。あまりママチャリで行こうと思える距離ではありません。
でもロードで行けばへっちゃらです!というわけで出発!




途中までは何の問題もなかったのですが、曲がるところを間違えて、一宮高校の横を通るつもりが、関西高校の横を通ることになりました。めっちゃ坂でした。
関西高校



友達の家に到着です!
到着
めっちゃ田舎!夏は近所の川で蛍が見られるそうです。自然豊か……

今回友達の家に遊びに行った最大の目的がこちらです。





お迎えがぶ仲間になりたそう

こちら、友達の家の「がぶ」くんです。

友達とは愛犬家同士よく写真を見せあっていました。実物もすごくかわいかったです。
あきさんより少し大きくて、毛が短い分ごつい感じでした。

あと冬場は毎年ネックウォーマーしてるんですよ、かわいい……


お菓子とジュースをいただいて、だらだらお話をして、友達の家を後にしました。



帰り道ではちゃんと一宮高校の横を通って帰りました。こっちの道は平坦でした。
一宮高校




帰り道に少し寄り道をして、ゼミで使う本を探しに古本屋に向かいました。


万歩書店という、ブックオフや古本市場とは違った雰囲気の古本屋です。
店内はこんな感じ。

万歩書店1万歩書店2

足元から天井まで、一部乱雑に本がうず高く積まれています。

来るたびに、ここで地震にあったら本に埋もれて死にそうだな、って思います。
古書なんかも置いてあって、なんだかワクワクします。

万歩書店3


結局目的の本は見つからず、気付けば1時間ほど滞在していました。



家に帰ると今回の帰省の目的の一つである、高松まで冬物を持っていく準備が待っていました。
ちなみにもう走行することがないため、一応ツアーはここで終了としました。

高松へは荷物と一緒に車で向かいます。楽々~!

出発
あきさんともまたしばらくお別れです……さみしい



自転車も車に乗せ、高松へ向かいます。
同乗車
お隣の同乗者ならぬ同乗車です

瀬戸大橋で写真を撮ろうと思っていたのですが、あえなく寝落ち…

そして目が覚めると高松市でした。




と、いうわけで特にどこに行くでもないツアーで何の面白みもなかったとは思いますが、お読みいただきありがとうございました。

私が言えることはただ一つ、やっぱり犬ってかわいいよねということです。
あわよくばこのブログを読んで犬派が増えてくれることを願います。


それでは、私が帰省中に撮影したあきさんベストオブKAWAIIショットで終わろうと思います。
荷紐あきさん
富士なすの妖精あきさん
↑段ボールが破れてるところが個人的にポイントだと思います
おにぎりあきさん


ほぼ犬の写真でしたが(意図的)、ありがとうございました!

筆者:ゆめし

あぁ^~大阪ツアーなんじゃぁ^~

あぁ^~大阪ツアーなんじゃぁ^~
期間:9/26~9/28
メンバー:三谷幸平 大本瑞己
総走行距離:約80km

こんちゃっす!!今回ブログを担当することになりましたTHEブロガーこと
・・・やめときましょうかね。

改めまして、みたこーです。
今回はルートも宿泊地すらも決めてないツアーでした。
去年よりもさらにひどい。。。

~1日目~

香川と本州を結ぶお馴染みのフェリーです。
このなかで1日目のルートを決めます。すでにグダグダです。

かぜがこいをはこぶ~...

いつものあの曲で目が覚めます。
まずはお昼御飯ですね。

はい!
oosaka1
圧倒的ローストビーフ丼。
かなりの量でおっさん2人の胃はダメージを受けました。

今日は大阪まで漕ぎます!今日の走行はこれだけ!
雨にうたれながらの最初の目的地は~

ノ  ル  マ  ク  リ  ア
oosaka2

そして通天閣へ。
oosaka4

oosaka3

そして!55期の近畿ツーリングの皆さん!覚えてますか!
カットされたスパワールドですよ!!!

oosaka5

お値段に見合う設備で遊びつくしました。
このあとは串カツを食べてネカフェでお休みなさい。

~2日目~

最初の目的地!
oosaka8

はい、海遊館です!
ここだけは予定してました!!!(ドヤァ

oosaka6

oosaka7

やっぱり水族館は楽しいですね。
チャーミーさん、おいしそうおいしそう言いすぎです。食い意地はりすぎです。

そしてそしてそして、ここからがこのツアーのメインイベント!

あぁ^~
oosaka9

oosaka11

oosaka10

あぁ^~こころがぴょんぴょんするんじゃぁ^~
(お見苦しいものをお見せして申し訳ありません・・・)
じつは、たまたま通りかかっただけなんです。もう運命ですね。ぴょんぴょんしますね。
つづいて、ブログでよく見るここですね!

oosaka11

いいところですね(遠い目
たぎりました。

おやすみなさい~

~3日目~

うん!なんもない!以上!

では、いけないのでお昼ご飯でも、
oosaka12

やっぱり海鮮丼のご飯は酢飯ですよね。最終日まで満足しました。
フェリーで高松に帰りツアー終了です。

以上なんですが、雑なブログで自分でもびっくりです。
全然走らないツアーもいいものですね。
次はどこに行こうかなー。

写真ばっかのブログにお付き合いいただきありがとうございました。
筆者:チノちゃん推しのみたこー

しまなみゆるぽたらいど

日程:8/31~9/2
メンバー:おおっち、のぶ(トイレの神様)
総走行距離:約270㎞

 みなさんこんにちは!おおっちです。
今回は1回生のツアーでは大人気!しまなみ海道に行ってまいりましたので、その第三弾(日程的には第一弾ですが…)としてブログを書いていきたいと思います。

1日目
 今回のメンバーは工学部だけでしたので、集合は学校ではなく近くのドン・キホーテに。(がばがばですねw)
朝の6時30分に集合して、ツアースタートです。

 ツアーの初日、天気は快晴でいいゆるぽ日和…と思っていたのですが、風がなかなかに強い。しかも向かい風((+_+)) そのためか踏んでも踏んでもまったく進みません。ふと目線をサイコンに落とすと時速20㎞が出ているか出ていないくらい。自転車乗りにとって風は天敵だな~と思わされました。
とはいってもこがなければ進みません。風に負けじと進んでいくと、見慣れた名前の工場が。

無題

 そうエルモアのトイレットペ…ではなくティッシュペーパー工場です。今回のメンバーは全員工学部。しかも1人はトイレの神様! さらに紙を作っている工場となれば、止まらないわけにはいきません。

S_5160239435315_201611091845283c2.jpg

 しかし先に進もうとするのぶw(この後ちゃんと止まってもらいました。)

S_5160239216276_20161109184656441.jpg

でも写真はちゃっかり撮っていますw(日頃使っている紙に感謝を込めて...!)

 この後順調に進んではいたのですが、まだ風が強くさすがに疲れたのでコンビニで休憩をとることに。
その時コンビニに入ったのが午前10時過ぎでした。2、30分の休憩のつもりが二人とも現在部内ではやっているシャドーバースに熱中してしまい、気が付くと時間が12時に差し掛かろうとしていました。シャドバの闇ですね(笑)
 これはさすがに休憩しすぎなので、急いで準備して目的地の今治に向かいます。

 その後もコンビニによってちょくちょく間食を食べ、シャドバをしながら進んでいくとようやく今治まで十数㎞の地点まで到達。(お昼ご飯なんてものはなかった...。)

 ここで少し早いですが、疲れをいやすために温泉へ。
S_5160239491054_201611091851470af.jpg

 温泉はいいですねぇ~、その日の疲れを癒してくれます。

 温泉に入った後は、本日の宿泊地であるフジグラン今治へ。
ついた後はフジグラン内でご飯を食べ、本日のメインイベントである「シン・ゴジラ」を見ました。

S_5160240058950_20161109185152cee.jpg

 このころ、映画といえば、この二つ!「君の名は」もうすでに見ていたので、今回はシン・ゴジラを見ようとなったのです。
ツアーで今治まで来て映画?と思う方もいるかもしれませんが。見たかったのです!シン・ゴジラが!!
とは言ったものの、上映中私は寝てしまいました…。しかもゴジラが上陸するシーンで…。気が付いた時には、ゴジラが暴れていました…。
いったい私は何をしているのでしょうね?w
そのあとネカフェに行き倒れるように寝ました。

2日目

 今日はいよいよしまなみ海道に突撃です!天気はいいし、風は強くないし最高のゆるぽ旅よりです!
ネカフェを出て、しまなみ海道に入った直後、真後ろにいたはずののぶがずいぶん離れたところで止まっています。そこで私は察しました。「あぁ…パンクしたんだな」と

S_5160239560245_20161109185149325.jpg

橋の上でパンク修理なんて、なかなか贅沢ですね~(笑)
(このあと、300mくらい進んでまたパンクしたことには触れないでおこう)

そのあとは
S_5160239704465_20161109185150fbc.jpg

ソフトを食べ

2016 しまなみツアー_17

聖地に行き

2016 しまなみツアー_13

白い恐竜に出会い

2016 しまなみツアー_5

絶景を見たりしました。

 初めてのしまなみ海道でしたが、走りやすくしかも絶景だったので今日は一日が過ぎるのが本当に早かったです。
そんな楽しかったしまなみ海道に別れを告げ、尾道から福山へと向かいます。
 夕食はせっかく広島に来たのでお好み焼きを食べたのですが、写真を撮っていませんでした…。(どこかと同じような。)
すこし時間があったのでゲーセンに行き、何の成果も得られないままネカフェに行き眠りにつきました。

三日目

 本日は福山から岡山の宇野港まで行くというルートのはずでした…。

 がしかし、福山を出てから新倉敷の手前くらいでしょうか、今度は私がバーストしました。パンクくらいチューブ交換ですぐ直るのですが、新品のはずのチューブに穴が…。チューブを直そうとしましたが、うまくいかず無念の倉敷でツアーリタイアとなりました。(岡山まで行きたかった…。)

S_5160240136672_20161109185554893.jpg

ツーリング後なので輪行も手馴れていますね。

 輪行前にお昼兼シャドバするためにジョイフルに行きましたw
今回の旅で分かったことはのぶのネクロにはヴァンプが刺さるということです。
おっと話がそれてしまいましたね(笑)

 お昼をとった後は新倉敷駅から岡山駅、マリンライナーで香川に帰りました。香川に帰り、パンクをきちんと直して、香川大学を眺めた後、各自帰路についてツアー終了です。


ツアーを振り返って
 一年だけのツアーでしたが、とても楽しめました!ですが三日目はほとんど走らずに終わってしまったのが悔やまれます。また圧倒的写真不足により、アルバムやブログ作成時に苦労したので、次行くときはもっと写真を撮ろうと誓いました。次はもっと大勢でいきたいですね。自転車乗りは惹かれ合いますしね!

ではここまでお付き合いいただきありがとうございました!
(筆者 おおっち)

二神とともに巡るしまなみ海道の旅

日程:10/28~10/30
メンバー:青戸(P)綛谷(P)三原(神)右城(神)
総走行距離:約300km

こんにちは~青戸です。
今回はツアーに行きそびれた私を救ってくれてたかっせーと二神(三原&右城)とともに行ったしまなみツアーについて書いていきますよ~

1日目
早朝は6時に集合!各々準備をして出発に備えます。
izayukan.jpg

パシャッと一枚とっていざ出発!!意気揚々と大学を出ていきます!……この後起こる惨劇のことなど知らずに……

まずは観音寺のあたりにあるうどん屋を目指していきます。
早朝なので車も少なく軽快に走行。そして走行開始から僅か30分、悲劇が起きました。

ペースをしていたたいようが減速→それに気づくのが一瞬遅れたミッパーがやや急な減速→間をあまり開けていなかったかっせーがみっぱーに追突→転倒を見た私が急ブレーキをかけ慣性の法則に従うままFLY AWAY!し転倒

というピタゴラスイッチ的落車が発生しました。
すぐさまコンビニに向かいガーゼ、消毒液、ティッシュを購入。記念すべきツアー初個装購入となりました!!(半ギレ)
この経験により車間距離の重要性を痛いほど学ぶことが出来ましたとさ。(めでたくない)

気を取り直してゴリゴリと進んでいきます。予定通り10時ごろには目的地のうどん屋に到着することが出来ました。
聖地
結城友奈は勇者である聖地舞台1
じゃん!!
分かる通りここは某アニメの聖地でございます!バッチリ下調べしてた綛谷氏には頭が上がりませんね。

ここでは3玉もokらしく朝からろくに食べず空腹を極めていた私は3玉の肉ぶっかけうどんを注文。

人智こえてる
はい。見た目からして滅茶苦茶おいしそうですね。

箸が止まることなくサクッと食べてしまいました。おいしかったです(小並感)

圧倒的うどんで皆腹ごなしを済ませ、一日目のゴールである今治目指して進みます。
このあたりから雨が降り始め一同のテンションが若干下がり始めます。
これではいけないと提案されたのが『3番目を走行する者は歌う』というルールです。
歌は元気を与えてくれる、古事記にもそう書かかれています。
ここからペースの指示に「ボーカロイドぉ!」というものが増えることとなります。

ノリノリで走行し道中の道の駅でアイスを頂きました。
nisinn.jpg
(いい二神だぁ……)

外になんかお金が貰えそうなすごいあれがあったのでMr.吉野家のみっぱーがお祈り。
kanei.jpg

一息ついてからただまっすぐに今治目指してひた走ってゆきます。
途中空腹のためMの字で休憩。一部の神はPCを取り出し何やらしていましたね。

なんとか今治に無事到着し夕飯を取ります。
今回のツアーで選ばれたのは……
こわい
ここ!白楽天!中華料理屋です!
なんでも焼き豚卵飯という字面だけで美味しそうな料理が名物らしいです。
当然の如く注文、大盛りです。
!犯罪的すぎるっ…
うめうめうめとがつがつ食べ進んでいきます。食べ進んでいき……食べ進……食べ…………
想像以上にボリューミーで私は無事死亡しました。
かっせーみっぱーに手伝ってもらい何とか完食。そのころのたいようは「杏仁豆腐食べるのキツイわ~」とか言ってましたね。

そしてここでゲストが登場!!そう!我らが!
宇伸
ではなく
okasi.jpg
正岡氏です!!
なんでも実家に泊めてくれるらしいです。ありがてぇ…ありがてぇ…
最大限に感謝しつつおうち訪問、今日の出来事を話しながら夜は更けていきます…
おねむ
( ˘ω˘)スヤァ

2日目
今日はツアーの目玉であるしまなみ海道へ向かいます!正岡家に感謝を伝えていざ出発!(朝のお味噌汁おいしかったですありがとうございました)
しまなみ1
Oh......ゼッケェイ.......
天候にも恵まれ素晴らしい景色に一同のテンションも上がり「これ人間が通っていい道かー?(いい意味で)」といった感想も飛び出します
にっこり
これには思わずかっせーもニッコリ。皆しまなみ海道を満喫していましたね。


nice gorila
ゴリラとふれあったり…唐突な聖地
出来立てホヤホヤの聖地へ行ったり…
らんち
美味しいランチを食べたり…
楽しい楽しいツアー_52
謎の像とポーズをとったり…
未知ばた
よくわかんない未知ばたで写真を撮ったりとジョイジョイエンジョイしていました!!
昼の空を見ながら「夕焼けキレイやな~」と神がおっしゃったのもこの日でした。

心行くまでしまなみを楽しみ尾道に到着、ここでこうすけと別れることになります。ありがとうこうすけ…君は心の中で生き続けるよ…
分かれ

この日は福山に泊まる予定だったのでパパパッと漕いでいきます。目と鼻の先ですね(約20㎞)。道中大型の群れに飲み込まれそうになったりもしましたが無事福山駅周辺へと到着。
さて、広島ということで名物のお好み焼きを頂きます。
なんと悲しいことに写真がありませんでした…
(反省)
・お好み焼きの写真を撮り忘れた。
→各自意識をするべきだった。
今言えることはとてもおいしかったということだけです。とてもおいしかったです。

お腹を満たし近辺のネカフェへゴー、ゴリゴリ漫画を読んでからおねむ致しました。

3日目
宇野港まで行って香川へ帰る!以上です!
岡山駅で輪行という案もあったのですが某右神が輪行バッグを忘れたため没に。ガバガバですね。

朝は想像以上の寒さに凍え、なにか暖かいものを食べようということでなか卯へ。
吉野家の化身みっぱーも満足な味でした。

この後はひたすら漕ぐ!漕ぐ!漕ぐ!道中鴨の一団に癒されたりしながら宇野港を目指しました。

水島のあたりでいい時間だったので昼食に。インドカレー屋にゴー。どこに自転車を置いて良いか店の人に聞きます。

「自転車どこに止めたらいいですか?」
店の人「フェンスのあたりでいいですよ~どこから来たんですか?」
「香川からです!2泊3日で~云々」
店の人「すごいですね!私もロードでレースに出てたりしたんですよ~!」
え?

そう、このお店の方ロードで様々なレースへと出場していた猛者でした。
お店に入ってから疲れた時の姿勢や、山での漕ぎ方など様々なことを聞き非常に勉強になりました。カレー屋で。
中でもやみくもにダンシングしても意味がないということがためになりましたね!三原君!

シエル
カレーも大変おいしく疲れた我々に元気を与えてくれました。
さあここから宇野港まではもう目と鼻の先(約20km)です。
ラスト頑張りますよ~

宇野港直前にそこそこ長い上りがありましたが仲良く煽り合いながら登っていきます。
そんなこんなしているうちに宇野港到着!フェリーにガンガン乗り込みます。
楽しい楽しいツアー_167
やり切った感がすごい写真です。

香大に帰るまでがツアー!きちんと帰還します。
出発

というわけで無事2泊3日のツアーを終えることが出来ました!僕としては神とともに過ごして死なずに帰ってこれてよかったと思います!切実に!

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

~綛谷's collections~
kaseya3.jpgkaseya2.jpgkaseya_201611081629034f9.jpg

おしまい。
(筆者青戸)


カウンター
プロフィール

香川大学サイクリング部

Author:香川大学サイクリング部
ここは香川大学サイクリング部のブログです、気軽に覗いていってください。

我々は「旅に生き、風になる」

☆使い方☆

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: