精鋭たちのツアー

精鋭たちのツアー
日付:2/17~19
メンバー:ていく・あっきー・なんぷに・ジョニー
距離:300キロくらい
獲得標高:1500mくらい

《弁解》
なんでこんな時期に僕たちがこのツアーブログを完成させたかというと…
忘れてたわけでは決してないんですそうなんです。3月の末には既に上げる準備が整いアップしようとした前日のこと。
ぱか(僕がアップしようとPCを立ち上げる音)
『撮れ高だーーーー!!!!』(某行事の某広報の台詞)
ぱたむ(アップする気が失せてPCを閉じる音)

そうです悪いのはあいつです!(違います忘れてた僕です)
ということなんです皆さん分かっていただけますよね???ね???
《弁解終わり》


おはようございます、こんにちは、こんばんは。59期の、ていく、です。
春先、夏場あんなに元気に満ち溢れていたお前はどうした?と聞いてくださる方いっぱいいますが、そうですね…
僕、冬眠しておりますので…(小並
…と、そんなことは置いておいて。59期は全員で極寒の徳島へツアーに行って参りました。
メンバーは先ほども書きましたが、ていく・あっきー・なんぷに・ジョニーの4人です。
…あれ?人数だいぶ少なくなりましたねえ…あー、持病の仮病ですかね?(排他的
あ、ごめんなさい。前置きはこのくらいにして、ツアーに入りましょうか。

【いちにちめ】
とりあえず目的地は三好氏の祖谷地方になります。のでこの日は我らが香川大学からの移動日です。輪行?そんなもの甘えです。全部自走です。だから僕らは四国からは出られません。無念。(自縄自縛
4人の走行はなかなか快適にゆるゆると進んでおりました。ひとりで走るのは周囲を気にしなくていいのでとても楽ですがやっぱりみんなで漕ぐと道中が楽しいですよね。今回もわいわいしながら行きました。途中の丸亀あたりでお昼ご飯です。お昼ご飯は~…
軌跡のラーメン
はいラーメン屋『軌跡』です。高松に本店を構えているところですね。
軌跡のラーメン
とてもおいしいです。ここは是非食べてほしいところ。
さて腹ごしらえもしたところで残りの距離を走行します。
にしてもこの日はとてもいい天気でした。晴れ間が広がって、快晴で、快晴で…か、…か…
風が強くて…寒かったです…。まあこの時期はそんなもんですよね…。
しかも何が大変って基本的にアップダウンが激しいところですかね…とりあえず登って下って登って登って…ぁ、この傾斜素敵…(うっとり、、、みたいな感じでしたねみんな。
最高点
ここが1番標高高いところですかね。ツーショットを撮るべく頑張りましたがこの下は絶壁なわけで普通に怖かったのでどう撮ろうかと考えあぐねていたら左方よりトラックが来てびっくりしましたねこの時は…。
そんなこんなで無事徳島県に到着です!それで夜ご飯は!
海鮮丼海鮮丼

はい、海鮮丼です。多種多品目の魚介が所狭しと丼ぶりに並べられたこの海鮮丼。とても美味しかったです。店長の方が私のお隣でがっつり煙草をお吸いになっていまして副流煙がものすごいことになっていましたがそれを抜きにしてもとてもおいしかったです。はい。写真に載っている海老が見えますかね?ぷりぷりしていて美味しそうでしょうええそうでしょう。僕らも殻を剥いて食そうとしたところ!
店長「ああ、殻は剥くな。そのまま喰え。(威圧)」
一同は逆らうことができませんでした。とても…とてもごつごつした殻が歯ごたえたっぷりで…おいし…うま…うま…
さあ、本日のお宿は!
宿舎
ハレとケデザイン舎です。かなり山奥にあるのですがとてもいいです。もともとは小学校だった場所が廃校になり、そのスペースをそのまま使った宿泊所になります。あれ、…どこかで見たことが…お、おうごs(以下略
しかしながらなかなかに雨風は凌げて寒さからも身を守ってくれるヒーターもあり、一同それに癒されながら就寝です。

【ふつかめ】
気温は2度でした(凍え
とても寒かったです、ええとても。凍えておりました。
今日は観光メインの走行になります。目指すは祖谷のかずら橋・大歩危小歩危峡。
ちなみに、『祖谷』。この字は『そや』ではありません。『そたに』でもありません。
『いや』です。私は地元の人の前で『そや』とドヤ顔で言ってしまい恥ずかしさで顔から尻が出てきそうでした(違
そんなこんなで大歩危に到着です。絶景を目にする前に腹ごなしをば。
徳島ラーメン
徳島ラーメンですね。しっかりこってりがっつり…ご飯が進みます。美味しい美味しい。
徳島ラーメン
そして本日のメインイベントひとつめ。大歩危峡ですね。
大歩危
何より流れる吉野川のきれいなこときれいなこと…一級河川はこうでないといけませんね(横目 新緑色でありながらどこか群青のような冷たさも持ち合わせた透き通った色。
大歩危
大歩危
大歩危
良い写真がいっぱい撮れました。満足満足。
大歩危
あれ、大歩危は…??まあいいか…(
さて、次の目的地へと一同はバイクを走らせます。次の目的地は?
かずら橋
かずら橋ですね。荘厳な雰囲気でとてもきれいです。大繩で形成されている橋の下には吉野川の渓流が!もう最高ですね。
そんなこんなで500円課金して()、入場しようとした矢先のことです。
じょにー『俺高所恐怖症なんやけど…』
ていく&なんぷに&あっきー『…はあ?!』
そもそも徳島県に行くといったときにかずら橋を推してきたのは彼だったはず…
は、橋だから大丈夫だと思ったんですかね…(こなみ
というわけで。みんなで越橋するものの
かずら橋
彼が怯えて、
かずら橋
彼が怯えて、
かずら橋
彼が怯えてました。
かずら橋
かずら橋
見てくださいこの菩薩のような顔。これがゴール後です。

ここでは、我らが唯一まともであった木村くん(通称あっきー)が実はやっぱり南部君とかいう人間(にんげん…?)に毒されていることを彷彿とさせられたものでした。。(何があったかは本人に聞いてね!)
夜ご飯は宿所の下の階がカフェになっていましてそちらで!夜ご飯は薄焼きピザです!

ぴざ
ごめんなさい画面左上に妖怪がいますね。
うまい!手作りって感じで具材の食感や、お肉の味など、素材の美味しさがしっかり引き出されたピザでした!特に柚子味噌を使ったピザの美味しいこと美味しいこと…。4人で3枚のピザを秒でたいらげました。
ふつかめおわり。

【みっかめ】
特にこれといったはぷにんぐも(ぱんく)なく、一行は愛しの(失笑)大学へと向かいます。
お昼と温泉は金刀比羅で済ませてしまおう!という計画のもと向かうと。
おふろ
なんと、日帰りの温泉のみの利用は堅く禁じられておりますた…
(以下落ち込む一行の図)
おふろ

まあ、仕方なくお昼御飯です。
おにく

ほら、骨付鳥ですよ!骨付!おいしい!
ここの田中屋さん、地元でも有名な場所でお昼からビールを飲む人も。いや、でも美味しいですね!
最中に、『いやー、でも〇鶴の方が…』とか言った香川県民のあいつは許しません。
てな感じで幕を閉じました。

やっぱり個人ツアーはひとりで好き勝手出来ますがいかんせん寂しいところがあります。
大人数でわいわいするのが僕は好きですね!
これから暖かくなり…暖かくなり…暑くなりますが、この時期のこの時期だけの絶景みたいなものもきっといっぱいあります!ぜひぜひ、長期休暇など使って皆さんも友達と、仲間とおでかけしてみれば?
では、私はこれから塾にいってきまーす!⊂⌒~⊃。Д。)⊃
                          《End》



スポンサーサイト

とっとりつあー

とっとりつあー


期間:2017年9月4日~6日
距離:約120km
メンバー:よーへー、ゆめし、TJ


<1日目>
まずはおなじみマリンライナーに乗って、高松駅から岡山駅へ!

続いては姫路行きの山陽本線に乗って上郡まで!通学の学生が多くてマジで害悪輪行マンでした…

上郡で乗り換えて、智頭急行に乗り込みます。絶望のワンマン電車でしたが、車掌さんが優しくどこに自転車を置けばいいかを教えてくれました!ありがたや~


さてさて高松駅から約5時間かけて…鳥取に到着ーー!!

とっとり2


鳥取出身のTJもテンション上がってます!(多分)
とっとり1

謎の老人に謎の絡みをされつつ、一行は第一の目的地、鳥取砂丘に向かいます。



1時間弱ほどほどのペースで漕いで、鳥取砂丘到着です!

ちょうど12時前なので先にお昼ごはん食べるか~ってことで! お土産屋さんの中にある食堂みたいなところでお昼ごはんです。私は「砂丘そば」ってやつが気になったのでそれにしました。これが砂丘そばです。




とっとり3




…砂丘要素どこ?普通のそばじゃね?実は砂丘の砂とか練りこまれてるんですかね~?
さあ腹ごしらえもして!いざ砂丘へ!


とっとり4
階段にもなんかそれっぽいこと書いてる!わくわく!








とっとり5

どん!!鳥取砂丘!!!広い!!!!
天気もとってもよかったので、空と海と砂のコントラストが!!すごいきれいで!!!(語彙力の喪失) ここほんとに日本ですか??


砂丘の海を見渡せる小高い丘へ上る道?ルート?がまあそこそこ上りやすいやつと壁みたいなやつの2つあったんですけど、せっかくなので壁みたいな方から登りました!

とっとり6


いやまじ…これは壁……
最初は比較的サクサク登ってたんですけど、足が砂にのまれて物理的に動かなくて砂丘で干からびて死ぬことを覚悟しました。生きててよかった。



とっとり7
写真で見ると海が近く見えるんですけど、実際はすごく遠いんですよね!鳥取砂丘広いな~!

みんな疲れたので強風吹きすさぶ中しばらくうだうだしてから、鳥取砂丘を後にしました。

とっとり8
ばいばい鳥取砂丘!




さて、出発前に砂丘で火照った体を冷やしてくれるのは~~!梨ソフト!

とっとり9

食べたら梨だ~!ってなりました(語彙力)
普通のソフトクリームより柔らかめで溶けやすかったです。美味しい。



お次は梨狩り!
今回お邪魔した梨園以外にもいっぱい梨園がありました。さすが鳥取。
はじめにお金を払って、梨狩りの簡単な説明を受けて、いざ梨狩り!


とっとり10

当たり前だけど梨でいっぱいだ~!果物の中で梨が一番好きな私にとっては天国でした!

狩ったのはてのひらサイズの小さ目な梨だったんですけど、すごく瑞々しくて皮をむいてたら垂れてくる果汁で袖口が濡れる~!もちろん味もおいしかったです!!

各々3個ほど食べてお腹いっぱいになりました。満足満足~


今回いただいた梨はかの有名な「二十世紀梨」で、それ以外の品種の梨も梨園の方のご厚意で試食させていただきました!
中でも一番印象に残ったのは「しんかんせん」です!高速鉄道じゃないですよ!


漢字で書くと「新甘泉」で、その名の通りとっても甘かったです。店頭で見かけた際にはぜひ手に取ってみてください!
(この問題は鳥取ツアー検定で出題されやすい問題です)



梨狩りを終えて、思ったより時間が余ったな~ってことで、お風呂の時間は長めにとってのんびり過ごしました。



さてさて1日目の晩ごはんは~?「北海道」です!!


んん??北海道ってなんだ?お前らが今いるのって鳥取じゃないの??と思ったそこのあなた!私も思いました。
「北海道」とは鳥取を中心に展開している回転すし屋さんです。

とっとり11

いや~お寿司おいしかったです。食べるのに夢中で写真撮るの忘れてました。


ご飯の後はネカフェのパックが使える時間までブックオフで立ち読みして、ネカフェですやすやしました。




<2日目>
おはようございます、2日目です。時刻は朝の5時!鳥取の朝なめてた…超寒い……

この日は移動日で、鳥取市から米子市まで大移動します。
朝ごはんをコンビニで済ませ、いざ出発です!


いくらか坂をえっちらおっちら超えながらほどよいペースで進んでいきます。


道中にあった展望台でぱしゃり!

とっとり12



さらにそこから約30キロ走って着いたのは~






とっとり13

じゃん!『青山剛昌ふるさと館』です!

この施設のある北栄町が、かの有名な『名探偵コナン』の作者である青山剛昌先生の出身地ということで、道の駅に隣接して建てられたものだそうです。ファン垂涎の聖地ですね!


生の原稿やカラーイラスト、作業場の様子の再現や先生の学生時代の作品なんかも飾ってあってすごい興味深かったです。漫画家さんってすごいな~
他にもプロジェクションマッピングを利用した映像とか、入場券で遊べる3Dキャラクタービジョン?とか時代の波に乗った展示もありました。すごい楽しみました。

とっとり14



あ、あとすいかソフトが名物とのことで、すいかソフトも食べましたよ!
大栄のすいか、有名ですよね~


とっとり15

おばちゃんソフトクリーム作り慣れてないんだろうなって感じのなんとも言えない造形いいですよね、すごく好きです。




そこからまた走行を再開して、お昼は手打ちうどん屋さんの『醍醐』でいただきました!

とっとり16

なんでもうどんじゃなくて天丼を頼むのが通らしいです。私は初心者なのでざるうどんを頼みました。美味しかった~
腹ごしらえして再出発です。




さて、途中小雨に降られながら宿泊地に到着です!

いや~なんか泊まるところが旅館?って聞いてたけど脳死でTJについていくって心に決めてたから何にも知らねえや!(ツアーメンバー中最上回生)
一体どんな宿泊地なのか楽しみだな~…




…ん??
とっとり17

とっとり18
お部屋の窓からの景色です。


ヒェッ……お、オーシャンビューやんけ……!!!な、なんか思ってたよりすごい宿泊地だ!!!


ここからは宿泊地でのできごとを写真で簡単にお伝えしたいと思います。


とっとり19
バイキング!

とっとり20
卓球!

とっとり21
海辺で花火!


ツアーって…ツアーってこんなんだっけ……?すごい…
ツーリングとか合宿だと夜みんなで何かすることがあんまりなかったので新鮮でした!

温泉も最高でした!皆生(かいけ)って温泉で有名な地なんですね!地名の読み方も覚えてひとつ賢くなりました。



<3日目>

さて3日目です!なんだか天気があまりよろしくないようです…朝ごはん食べて出発するまでに雨やんでくれ~


とっとり22
朝ごはんもバイキングです!







【悲報】
雨止まず






ちくしょう!雨の中境港市を目指します!
頑なにカッパを着なかったせいで全身びしょぬれになりました。着ればよかった…


今回の目的地は~


とっとり23

この情景見覚えのある方もいらっしゃるのでは?

そうです、水木しげるロードです!去年の中国ツーリング班も来てましたね!


とっとり24とっとり25
妖怪たちと戯れる図



とっとり26

妖怪神社なるものがあったので、おみくじ引いてきました!



【結果】
TJ:末吉
よーへー:吉
ゆめし:小吉



うーん…?おみくじ引くのは好きなんですけど完全ににわか勢なんで、大吉がよくて凶の類がよくないってことくらいしかわかりません。この3つのうちだとどれが一番いい運勢なんだ…?


他にもグルメを堪能しつつ、水木しげるロードを後にしました。

とっとり27とっとり28
悲しいハプニングもありました…。



いざ目指すは境港駅!(すぐ着く)


とっとり30とっとり31


境港駅から米子駅までは輪行したのですが、電車の中も外も鬼太郎たちでいっぱいでした!
駅到着のアナウンスも鬼太郎と猫娘でした!が、2駅くらいで爆睡かましたのであんまり堪能できませんでした…



米子駅からは、鈍行で新見駅へ。さらに乗り換えで岡山駅へ向かいます。

新見駅での乗り換えが1分乗り換えだったんですけど、降りた向かいのホームだったのでなんとかなりました!よかったよかった!
無事乗り換え完了し、またも爆睡かましてました。寝る子は育つんで…



岡山に着くと、なにやら友達と飲み会があるらしいよーへーが離脱したため、TJと二人でさみしく高松まで帰ります。

…が、ちょうど時刻は学生やサラリーマンでごった返す、いわゆる帰宅ラッシュだったため、とんでも害悪輪行マンになってしまって震えました。




とっとり32

はい、無事に高松駅到着です!とっとりつあー終了!!




今回3回目のツアーを終えて、知らない土地を走るのってやっぱり楽しいな~と思いました。誰かと一緒に走るとその楽しさも倍増しますね!


鳥取には行ったことがなかったので、何を見ても新鮮でとっても楽しかったです!日本海見たのも初めてでしたね~
みなさんもぜひ行ってみてください!ちなみに鳥取砂丘は夏は暑いし冬は極寒らしいので春とか秋に行くのがいいのではないでしょうか!



それでは、今回はこのあたりで失礼します。長くなってしまいましたが、ここまで読んでいただき、ありがとうございました!








<おまけ>

33.jpg


ポプラ「…シテ…コロシテ………」






鳥取ではよくある光景らしいです。とっとりこわい。




書いた人:ゆめし

ため息ポロロンしまなみツアー(^^♪

しまなみツアー
・班員
福本武司
尾崎聡悟
小林飛翔
南部友希(通称「プニキ)
西川遼(以上一回生)
・期間
11/3〜11/5

どうもー筆者のRこと西川です。(改変小林)今回僕らは学祭の誘惑にも負けずに(ここ重要)サイクリストの聖地と名高いしまなみ海道に挑んできました。いやーほんときつかった…

1日目
ツアーの初日は、安全策で行く(楽をしたい)輪行組と走るのが大好きな(交通費を浮かせたい)自走組に分かれて出発しました。向かうは集合地点の新居浜駅。道中で輪行組は奇跡の一枚を激写します。
S_6969925015330.jpg
朝早くから自転車を漕いでいる先行組に我々(電車)が追いつく moment. それが今かもね~
頑張っている二人組を尻目にコーヒー片手でスマホいじいじしながら集合場所に着いた我々なのでした。
ここが思ったより都会でびっくりしながらも自走組と輪行組が集合し、地元のラーメン屋で昼食を済ませ5人で今日の宿泊先である今治市を目指します。広大な大地(暇)を風と一体になり走り抜けました。途中で自転車道が整備されてて心地良かったー。
晩御飯は普段は絶対に行かないような高級回転寿司を食べご満悦でネカフェへ〜。


2日目
さてさて2日目は今回の目玉であるしまなみ海道を行きますよー。
まずは近くのコンビニで朝食をとりつつ開始地点へ。徐々に周りにも明らかにサイクリストっぽい人が増えてきます。(その人たちについて行くことでロストせずに助かりました。S_6969924468474.jpg

さて、ここからはひたすらに漕ぐ!漕ぐ!!漕ぐ!!!S_6969924698822.jpgS_6969924780991.jpg



ふう、なんとか本州に上陸できましたー。さて、2日目の晩御飯は1日目と趣向を変えてステーキ!いやーおいしかった。
その後ネカフェに行き2日目は終了です。


3日目
他の班員に起こされて(もはや安定)時計を見るとあれ、もう9時じゃん…。出発が若干遅れながらも岡山の宇野港目指して走行開始!
途中で地元が岡山の2人が帰省のため離脱しながらも(バッドエンド)夕方には宇野港に到着。しかしここでフェリーの時間を間違えるミスが発覚しフェリー乗り場で待ちぼうけタイムが発生!
その後なんとかフェリーの終発に乗ることができ高松港に帰港し今回のツアーは終了。

人によっては3日で350キロ以上走行することになったしまなみツアーでしたがおいしい食事や大好きなネカフェに助けられてなんとか心も折れずに終えることができてよかったです(切実)!

オタクによるぼっちツアー

オタクによるぼっちツアー
期間:9/10~9/12
メンバー:三谷幸平

「青春を楽しむ愚か者ども砕け散れ!」

というわけで、僕はまたもぼっちで旅に出たのです。

いつものジャンボフェリーで近畿に向かいますよー。

ぼっち1

風が恋をはこぶ~♪(以下割愛

さて最初の目的地はここ!

ぼっち2

滋賀県にある「けいおん!」の聖地で有名な旧豊郷小学校です!
ここはアニメの聖地の中でもかなり有名な場所ですが、ずっとまえから来たかったんですよねぇ
ついて早々まずはここにあるカフェにて~

ぼっち3

ぼっち4

もうすごい楽しい(ボキャ貧
土曜にしか営業してないから、ツーリング終わってすぐになっちゃいました。聖地巡り遊びじゃねぇから!!!!
一服し終わるとワクワクしながら校舎へ

ぼっち5

ぼっち6

アニメで見たのと一緒や!!!すげぇ!!!

ぼっち7

hshshshs……ふぅ

さすがに長居しすぎたのでここらで京都に移動
というわけで京都の最初の目的地は嵐山!
う、うーんカップルがいっぱいだなぁ(白目
ぼっち8

からくーれないにそまる渡月橋♪
一応ここも俺ガイルの聖地だったりするんですよね。

ぼっち9

ぼっち10

夜まで待ってから近くの竹林に向かったのですが、、、

ぼっち11

ぼっち12

アニメだったら明かりあるじゃん!!!なんで点いてないの!!!こわい(泣
こういうの得意だと思ってたんですが、これにはさすがに泣きそうでした・・・。
ちなにこの場所は嘘告白のシーンですね・・・。
「あなたのやり方、嫌いだわ」

そっこうでネカフェに行き翌日の聖地の確認をして心を安らげました。

次は、朝から聖地!

ぼっち13

ぼっち14

けいおん!で有名な鴨川デルタですが、あの有名実況者ライバ○リさんの聖地でもありますね。
今朝は鴨川の主は不在でしたが、対戦ありがとうございました!

ここからは怒涛の聖地ラッシュ!というか京都の名所巡りですね!

ぼっち15

ぼっち16

南禅寺水路閣!これはけいおん!のopで何度も見ましたね。

こっからは俺ガイルの聖地べた貼りでお送りします。

ぼっち17

ぼっち18

ぼっち19

ぼっち20

これは清水寺ですね。小学校の遠足以来ですごく懐かしい気分になりました。(小並

ぼっち21

ぼっち22

ここは伏見稲荷大社ですね、京都の観光地の中でも個人的にすごい好きな場所です!

ぼっち23

こっからは一人で串カツ食べて優勝したのち翌日のフェリーで帰りましたとさ。
写真ばっかりのブログになっちゃたけど僕は写ってないという手抜き感あふれる感じに・・・。
ガハハ、一人旅はいいぞ。

ぼっち24

おーわり

みんみんぜみのなく頃に ~聖地巡り編~其の弐

はい、岐阜ツアーの後編です!前編はこちら!
ここからは3、4日目を書いていきたいと思います~

~3日目~
この日は早朝から白川郷回って色々見ようぜという計画になっており何時かは忘れましたが朝早くから行動を開始します。

ここからは聖地ラッシュ!

フルで人じゃふるでじんじゃせいt

ここは白川八幡神社です。古手神社のもとになった場所です。ここではファンによる絵馬が飾られていましたね。

えま

しゅごい・・・神絵師だあ・・・

お次はK1ハウス

k1はうす
k1せいち

くっそ大きいですが実際はクリーンセンターなる場所で家ではありません!なんか周りにフェンスがたくさんあって写真を撮るのに少々苦労しました。一回どぶに落ちました。

そしてこの付近には

さいぐでん
祭具殿もと

祭具殿が!中に入りたい気持ちを抑えつつ撮影していきます。

ここでそこそこ時間がたったので一時宿に戻り朝食を食べます。

朝食

これぞ日本人っ!って感じの朝食です。ご飯もお替り自由でモリモリ進みます。この中でもひときわおいしかったのが左上の味噌と油揚げとネギを焼いているものですね。めちゃくちゃご飯が進みました。書いている今も思い出して空腹です。
そんなこんなでお腹を満たした後再び白川郷観光に向かいます。

水車小屋すいしゃせいち

少々アングルは異なりますが水車小屋です。ここは合掌造り記念公園的な場所の中にありました。

たーざんのぶたーざんpたーざんよへたーざんみは

その公園で遊ぶ大学生男4人が目撃されたとかされてないとか・・・

白川郷を満喫してそろそろ昼にするか~という空気になったときに三原があることに気づきました。
三原「俺、金ないわ」
はははいつものことじゃないかとお思いの方もいらっしゃると思いますが今回はネカフェに泊まれないほどでした。急遽三原は岐阜まで行った後にそのまま帰るという方針を打ち出しました。

お昼はなんかバナナとバナナ食ってましたね。

ばなな

ここから名残惜しく白川郷に別れを告げます。グッバイ白川郷・・・フォーエバー白川郷・・・

岐阜まで自転車で行く予定でしたが150km以上ありまた、そこそこの登りであったため輪行することに変更。これは決して計画に見通しがなくガバかったとかではなく柔軟な対応をしているだけです。フレキシブルアクションです(謎)
そういうわけで駅目指して走っていくんですがそれでもそこそこの距離はあり50や60kmはあったと思います。
電車に間に合わず帰れなくなることを不安した三原は度々ここからフリーランにしようぜ!というおにちく案をだすようになります・・・

この一見移動しかないルートですが実はもう一つ聖地があります。

おちてしまえばし

橋です。落ちろ!!落ちてしまえぇぇぇぇぇ!!!と叫びたくなる魔力を秘めた橋です。私はスマホを落としかけました(ガチ)
正直高いとこは苦手なのでちょっと怖かったですね・・・

最後のひぐらしの聖地を越え輪行しなんやかんやしているうちに岐阜へと到着しました。

三原期間

そしてここで三原君とお別れです。この後三原君には深夜の山ボッチランが待っていますがそれはまた別の機会にでも。

一人減り3人パーティーとなり2人組を作ってくださーいと言われた時争い起こること必須となった我らですがこの日はネカフェで寝ます。ネカフェはいいですね。リリンが生み出した文化の極みです。とまあある程度ジュース飲んだりマンガ読んだりしながら3日目は終わりました。


~4日目~
取りあえずお腹が空いたということでネカフェのすぐ隣に位置していたMの字へと向かいます。朝から優雅にジャンキーなハンバーガーを食べる、理想的な生活ですね。この日は昨日の疲れが残っておりボケーっとしているうちに気が付けば2時間も3時間もマックに滞在してしまっていました。これはいけない、ということで1.2.3で動き出します。

向かったのは長良公園です。

はがない

見てわかる通りここは「はがない」つまり「僕は勉強ができない」・・・ではなく「僕は友達が少ない」の聖地であります。
親切にもこの立て看板にはアニメとの比較が載っていますね。

はがないい
はがないいせいち

いつも通りばびーんと写真を撮っていきます。「僕は知識が少ない」なのではがないに教養がなく後悔しましたね・・・
その後も街をうろうろして

のぶお
ようへ

色んなとこに行きました。そこそこ聖地も行ったと思うのですが覚えてないので詳しくは井川君へ!!

ここで岐阜駅に戻りますイエーイ

ノブ

ノブとノブの2ショットが見れるのはここだけ!!
と楽しんだのですが輪行しようとしたときにノブが気づきます
ノブ「輪行袋がない」
ゑ?
そう輪行袋がないのです。どっかに落としたのか知らないですがなくなってしまいました。輪行袋ロストです。色んなとこに電話かけたりしている間に僕とよーへーは部活へのお土産を探しに行きます。(無慈悲)

結局見つからずノブは輪行袋を近くの自転車屋へと買いに行くことに。僕とよーへーはその間にお土産を探しながらお寿司を食べていました。「やばいと思ったが食欲を抑えきれなかった」とのことです。
そしてノブが買ってきた輪行袋がこちら

のぶぶくろ

「ところで俺の輪行袋を見てくれこいつをどう思う?」
「すごく・・・小さいです・・・あと・・・薄いです・・・」
キャリアを外して輪行袋に入れている姿はもの悲しかったですね・・・

輪行後今度は聲の形の聖地に向かうことになりましたがなんとノブがキャリアを再結合できないということで一時離脱。
僕とよーへーの二人班で行動することになります。50%の人数です。

聲の形の聖地である四季の広場へいざ行かんです

こえのかたちみち
こえのかたちい
ようううへ

今回は諸事情(モチベ)により比較画像は無しです。真相は君自身の目で確かめてくれ!!

こうしてサクッと最後の聖地巡りをしてノブと合流し高松へと長く苦しい輪行をしていきます。スヤアです。
その後高松駅についてからノブがキャリアをつけるのに30分かかったりかからなかったりしましたが無事に高松へ帰還しました。NKR・・・(長く厳しい輪行だった・・)

4日間のツアーでしたが滅茶苦茶濃くとても楽しい物でした!特に白川郷はもう一度行きたいな~と思うほどいいところでした。
割と長くなりましたがこれにておしまいとさせていただきます。

(筆者:青戸)
カウンター
プロフィール

香川大学サイクリング部

Author:香川大学サイクリング部
ここは香川大学サイクリング部のブログです、気軽に覗いていってください。

我々は「旅に生き、風になる」

☆使い方☆

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: