九州ツーリング Act.1

九州ツーリング
期間 8月15日~8月19日
メンバー
3回生 田中優芽 三谷幸平
2回生 青戸智志 河野貴信 辻拓未 正岡康佑
1回生 尾崎聡悟 木村晃教 萬治龍平

お待たせしました! 正岡です。
第57期九州ツーリングの模様をつづっていこうと思います。

~1日目~
ツーリングの朝は早い...
早朝の3時に集合です。もちろん私は前日夜バイトだったので徹夜で向かいます。(社畜)
Image_d226942.jpg
左からUDOONUDONですね、はい。

まずは始発で松山へと向かい、そこで八幡浜行へ乗り換えます。
九州ツーリング2017!_649
松山駅で売っているじゃこカツです!いやぁ~やっぱりは揚げ物最高っすねぇ。

と、ここで乗り換えて電車に揺られながら八幡浜駅へ...
九州ツーリング2017!_642
ここでみんな輪行解除しつつ今日の約7時間に渡る輪行が終わると思っていたのですが...
先発がフェリー乗り場へと出発してから連絡が。
なんと、、、フェリーでも輪行しないといけないとのこと( ノД`)
フェリー乗り場までわずか1.8km。時間もないので着いたらまたすぐに輪行です。

なんとかフェリーに乗り込み、大分県別府市へ!
九州ツーリング2017!_633
Image_94a50b3.jpg
到着です!
ここからは大分市へ!海沿いを走る10号線はとっても走りやすかったですね~

九州ツーリング2017!_608
夕飯はラーメンで優勝し、キャンプ場でテントを張り、眠りにつくのでした...

<雑記>
別府港にて...
「お!阿蘇の天然水あるやんけ!!さすが九州!」
写真 2017-08-12 16 16 48
「(。´・ω・)ん?事案やな。。。」
写真 2017-08-12 16 14 38
皆さん、南アルプスの天然水ってどこで採水してるか知っていますか?そう、山梨県です。つまり私たちより遠くからやってきているってわけです。ご当地感ゼロですね。
こうして『阿蘇の天然水チャレンジ』通称阿蘇チャレが始まったのでした。(なお不定期)

九州ツーリング2017!_602
餞別のチョコエッグはドロドロだったため、中身だけ開封しました。熱い夜にひんやりしそうなタイプのポケモンたちですね^^

~2日目~
2日目スタートです。
まずは最寄りの滝尾駅へ。
輪行準備して電車を待ちます。
九州ツーリング2017!_593
目的の電車が到着したところで最悪の事態が起こります。
なんと......ワンマンです。しかも車内はかなり混んでおり、乗れそうな気配は全くなく。。。発車してしまいました。
ここは仕方なく大分駅まで戻り、そこから乗ることに...

九州ツーリング2017!_585
「なんか見たことあるような駅名だなぁ。まぁ、気のせい気のせい。」(真顔)

九州ツーリング2017!_575
阿蘇駅到着!!
Image_b1a8b5b.jpg
そう、気づかないうちに我々は某クマの領土に足を踏み入れていたのです。めっちゃみてきます。

そしていよいよ阿蘇山クライム!!
九州ツーリング2017!_559
圧巻です!!!景色もよく高い標高で涼しい!何よりちょうどいい斜度!爽快でした。
九州ツーリング2017!_521
なんだか自転車のカタログに載ってそうな写真も撮れましたとさ。

九州ツーリング~_36
記念写真をパシャリ

ブログ書いてるだけで「もっかい行きてぇ。」と思うくらいに阿蘇山はいいところでした。
<雑記>
九州ツーリング2017!_598
朝、尺取り虫がブレーキワイヤーに擬態してました
Image_5e9909d.jpg
なお、滝尾駅にて2日目の阿蘇チャレも失敗です。


続く
スポンサーサイト

凸ラリー at小豆島 ~オリーブ島制覇編~


はいっ!TJです!
小豆島の様子を1日目に続いて2日目書いていきます!

2日目の朝は、風が強いな~という印象で始まりました。

朝食を済ませ、出発前に
とつ〇:荷物はテントに入れて貴重品は持って行けよー
M原:ロールマットとか誰も盗らへんやろ!外でいいや!
〇J,Y田:さすがに入れとけよ~
M原:いけるいける~⤴
という会話があったということを
皆さん覚えておいてください。

その後、
文字通り小豆島班最大の山「寒霞渓」に向かいます!

みんな続々とスタートしていきます。
四国ラリー小豆島班_29


普通なら車やロープウェイで登るようなキッツイ坂道を自転車で登って…

最高標高地点に到着し、仲良く集合写真をパシャリ!
四国ラリー小豆島班_7
これは、小豆島を制覇したといっても過言ではないでしょう!

山頂のレストランで小豆島名物のそうめんや香川名物のうどんを食べ、
四国ラリー小豆島班_92

四国ラリー小豆島班_91

そして、みんなで丸いかわらを投げて少し遠くの枠の中を通すという
「かわら投げ」をして遊びました。

山を下り、オリーブ公園でオリーブソフトを食べました。
「オリーブってどんな味?」と思った人は是非1度行って食べてみてください!
四国ラリー小豆島班_63

オリーブ公園では、各々がキャッキャウフフと魔女の宅急〇のキキの箒に乗ったり、おしゃべりしたりして過ごしました。

広場にあったホースから水が出ており、虹ができているという綺麗な光景も見ることもできました!
四国ラリー小豆島班_94


そんなこんなでキャンプ地まで戻ると事件が!
皆さんは、2日目朝の会話を覚えていますか?
そうです!M原のロールマットがどこにも見当たりません。

うろたえるM原とりあえず事務所に行ってみてはどうかというアドバイスに従い、一人で事務所へ...
数分後、ロールマットを抱えて満面の笑みで走って戻ってきました。

風で飛ばされて転がっていたところを事務所の方が回収してくださったそうで…
いやぁ~よかったよかった!

はい!ここで昨日と同じお風呂に入り、夕食を食べて2日目終了です!

To be continued...

レジェンドOB様たちとの邂逅。

9月8日。信州ツーリング勢がマリンライナーで高松駅まで到着し、大学まで帰るということで出迎えに参りました。

信州班の出来事は後々アップされるであろう記事で詳しくお伝えするとして、、
大学まで戻ると、そこには大勢の方々が集まっておりました。。。


お話を伺ったところ、な、なんと6期から12期までのOBさん方でございました...!!!
new_securedownloadd.jpg

今が57期ですから、なんと50期以上上の方々まで・・・ひょえ~~

当時のサイクリング部や校舎の様子のお話をお聞きすることができ、短い時間ではありましたが大変刺激的な体験でした!

最後は信州組と出迎え組と一緒に記念撮影をしました!
new_securedownloadg.jpg

57期とか58期とか何気なく会話で使うと思いますが、本当に57年の歴史がある部活なんだと、当たり前ですけど改めて痛感しました。。。

来てくださったOBさん方、本当にありがとうございました。
部室や部庫、そしてKUCCを今後も大事にしていきましょう!!

リーダーズゼミナール

6月下旬にはリーダーズゼミナールがありました。
名前がとても堅い行事なので、一回生の中には勉強会なのか?と思っている人がいましたね。
今年の主催は去年と同様に広島工業大学で、今回の内容は前回同様に宮島を舞台に繰り広げられました。

え、じゃぁ去年とほとんど一緒じゃーん!と思ったそこのあなた、違いますよ。OUCCさんが脱退により居なくなり寂しくなりました!(涙目)
残された我々で盛り上げていくしかないのじゃよ・・・・!!!

ながーいバスやら電車による移動を経て、宮島へ到着しました。
僕自身宮島は幼いころに一回いって、二回目が去年だったので鹿ではしゃいだ記憶がありますが、今回ははしゃぐ気力すらなかったです。。。おっさんになったからか。
new_IMG_7651.jpg
続々と他大学のメンバーが集まり、班分けやらしたらスタンプラリーがはじまりました。
去年は難解な問題が多く、徒歩でめちゃくちゃ山を登ったりした記憶がありますが、その反省からか、今年は易化していました。
new_IMG_7655.jpg
しかし、残念ながら開始と同時に雨が降ってきて、止みそうにないくらい降ってきて、もみじ饅頭を食べる口実で室内に避難するなど厳しいスタンプラリーとなりました。
new_IMG_2344.jpg
ただ一回生は初めての宮島だった人もいたようで観光を楽しんでいる様も見受けられてよかったと思います。


雨はどんどん強くなり、スタンプラリーを無事クリアした班は続々と雨宿りに最初のポイントまで集結します。いやぁ易化しててよかった。この天候で長丁場だったらマジモンの地獄でした。
ただ、去年はなかなか離れた宿所まで徒歩で向かうという苦行でしたが、今年は広工がレンタカーで宿所まで送ってくれました。神かよ。

鹿が道路に頻繁に現れてきて、広工のドライビングテクニックが試されていましたが、無事に宿所まで着きました。
お風呂入ったら、BBQじゃあ!!といきたかったのですが、雨は弱くなることはなく、屋外でのBBQは困難となりました。
new_IMG_7679.jpg
結果、広工の方々が宿所の外で焼いて、出来上がったのを我々は食べるという接待を受けました。。。かなしいなぁ・・・


この宿所は一部のケータイ会社の強者スマホ以外は大半圏外になる現代っ子殺しの地であり、みんな強制的に(?)会話やらトランプやら古典的な遊びで楽しみ、就寝となりました。


次の日は、朝ごはんを食べると、3週間ぶりのビンゴゲームで盛り上がりました。
しかし、香大勢、仕組まれていたのではないかというくらい今回は運がめちゃくちゃ悪く、どんどん景品を取られていきました・・・
new_DSC00512.jpg
それでも終盤は意地をみせ、八百長疑惑は消滅しました。


new_IMG_7684.jpg
そんなわけで雨のせいで色々変更を余儀なくされてしまったリーゼミですが、広工さんの、去年の反省を活かしたとみられる点がいくつもあり、スムーズに進行していました。ありがとうございました。
冒頭で述べましたが、加盟校が縮小傾向にあり、とてもとても寂しくなりつつある西サですが、集まるとやはりめっちゃ面白い大学ばかりなのでここから、我々が盛り上げていけるといいですね。

6月定例合宿 2日目

6定連続ログインボーナス二日目。
なんとぉー!今日のログインボーナス(実長企画)は東かがわ市の名産である手袋を作る体験です♪

まずは、いつものように米炊きからスタート。
メニューはポトフです。ポトフは、フランスの家庭料理の一つであり、potは鍋や壺、feuは火を示すため、「火にかけた鍋」といった意味になるらしいです。
よって、具材をどんな切り方にしようが、火にかけた時点で成立してしまうため、無限の個性が生まれます(特に生まれなかった)。

new_DSC00452.jpg
なんて雑談してる間に例のごとくお米が続々と炊けましたよーwそれではみなさんご一緒に、、ごまd(自主規制)(失笑)

ポトフで午前のエネルギーを補給したら手袋体験の地へと赴きます。
長い道のりになると思うが、頼むぞ一回生...!(キャンプ場から徒歩10分超の位置)

というわけで一瞬で着きました。讃州井筒屋敷。
江戸時代より醤油と酒造りを行っていた商家をリニューアルした施設だそうですが、当時の雰囲気を再現してあり、風情が漂っていましたね。うん、エモいです。(以後熱盛とエモい使用禁止令)
和三盆も作れるらしいですが、残念ながら和三盆は去年の10定の体験でプロフェッショナルな腕前になってしまったため(イキり大学生並感)、今回は前述したように手袋をつくります。
new_DSC00454.jpg
普段は、主に女性の方たちによる体験が多いというこの体験部屋に、暑苦しい野郎どもがぶち込まれます。
そして、ベースとなる手袋を渡されたあとは、もうそれぞれのセンスにお任せです。机の上にはかなりのフリー素材があり、無限の可能性を秘めています。
new_DSC00462.jpg
細部にまでかなりのこだわりをみせる者や、シンプルに仕上げる者など色々いましたが、どれも味が出ていて、きっと冬の寒い時期の集まりではみんなこの手袋をつけて集まることでしょう。


各々の手袋を完成させたあとは、昼飯&今度こそやりたいレクの会場である、長尾総合公園へと向かいます。
ここまでの道は地図読み自体は単調ですが、アップダウンが多くてなかなかにしんどい道です。でもみんなガッツをみせてくれて、ほとんど遅れることなく会場まで到着しました。

new_DSC00475.jpg
まずは昼缶!ゆめしさん、右城くんと同じ班なので、二日連続となる謎缶を手にするとは、さすが・・・
new_DSC00478.jpg
new_DSC00479.jpg
缶の配給が終わったら、ご飯をさっそく食べるわけですが、この謎缶班と他の班との距離感はいったい・・・
しかしこの班は新三羽烏のうち二体が在籍していることもあり、この距離があってもめっちゃうるさかった。。。


みんなのスムーズな動きのおかげで、今度はレクができます。
そのレクは、爆弾ゲームです。円をつくり、爆弾(罰ゲーム入り封筒)を三つ、一定間隔で配置し、一つ答えるごとに回していくというものです。
new_DSC00485.jpg
この爆弾ゲームをやっていて感じたのは、答えることよりも誰かが答えるごとに封筒を一定間隔で回すということでした・・・二つのことを同時にやるのは大学生にはなかなか難しいです。
new_DSC00497.jpg
罰ゲームは熱唱させられたりニャン語ストームさせられたりと昼の眠気を飛ばすには十分なものでした。

new_DSC00498.jpg
new_DSC00499.jpg
new_DSC00500.jpg
写真たくさん撮りました。どの学年も仲良さそう(*´ω`*)

ただし帰るまでが合宿ですし、ここからも地味ーに地図読み要素入れてる実長の性格の悪さにじみ出てるからがんばってくださいね。
実際このあと結構グダグダしてしまったけどまぁ無事故で無事にみんな着いたからよし。


というわけで幕を閉じたろくていです。
一回生のみんなは洗礼を浴びてしんどい思いをしたと思うけど、きっとこの経験がいつか役に立つと信じて自らの行いを正当化します。
明日は6月行事ラッシュボスのリーダーズゼミナールあげます。
それではごきげんよう。
new_DSC00501.jpg

カウンター
プロフィール

香川大学サイクリング部

Author:香川大学サイクリング部
ここは香川大学サイクリング部のブログです、気軽に覗いていってください。

我々は「旅に生き、風になる」

☆使い方☆

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: