スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の陣

9月26日(土) KUCC秋の陣

この日は長距離を1日で走りきる行事、秋の陣でした。
今年の総走行距離は140㎞、獲得標高は1510mでした。(総走行距離が去年より13㎞多いです(´゚д゚`)ひぇ~
コースは高松市を一周して、少し徳島県にお邪魔するような感じです。

CIMG1860.jpg
DSC01144.jpgDSC01146.jpg
朝の5時のまだ暗いうちからスタートします。
みんなやる気は十分です。


P1100309.jpgDSC01171.jpg
DSC01190.jpgDSC01166.jpg
序盤の30㎞は平地と緩やかなアップダウンが続きます。
この時点ではみんな元気に走っています。


DSC01203.jpgDSC01183.jpg
山に入る前の休憩中ポイントです。
この後には徳島県との県境で標高400mと500mの山が待っています。
この秋陣で最もキツイ箇所です。


DSC01205.jpgCIMG1882.jpg
最終チェックポイントとなる500mの山付近です。
ここを超えたらゴールまではもう山はありません。
最後の頑張りどころです。

CIMG1873.jpg
はしゃぐタケちゃん!

IMGP1154.jpgIMGP1161.jpg
IMGP1170.jpgIMGP1183.jpg
IMGP1179.jpg
全員ゴールの神社に到着。全員事故やケガもなく帰ってこれました。
1位のタイムは5:32でした。
今年の秋陣の上位に1回生が多いことにびっくりです。
みんなよく頑張りました。お疲れ様です。

DSC01219.jpg

IMGP1195.jpg
〈集合写真〉
最後に集合写真です。サポートに来て下さったOB・OGさん方、どうもありがとうございました。

〈おまけコーナー〉
CIMG1858.jpg
今回の行事にも痛サイクリングジャージを着る紳士たちの姿が!
4人とも速かったです。(=゚ω゚)ノ


スポンサーサイト

自然満喫ツアー

後半ツーリングから帰ってきた私に越智さんから一言。
「ツアー1日目で2000mくらい登るけど頑張ってね。」
・・・・・・・へ?
「まぁ、登るのは1日目だけだから。」
それなら・・・うん、景色も見たいし・・・頑張るか・・・。

そんなこんなで私たちのツアーの始まりです。


【1日目】 走行距離:81km

この日はまず石鎚山に登るため輪行で愛媛に移動。
飲み物、補給食の確保をした後、石鎚山に向かいます。
そのまま登りへと入り・・・

登りのしんどさは改めて書く必要はないので置いといて、登りで印象的だったのは5kmも続くトンネルや水がとてもきれいな川ですかね。トンネルは車が怖かっただけでしたが、きれいな川にはひたすらテンションが上がりました。
DSC01075_20150924220509c70.jpg


自然の中で澄み切った水を見るだけでどうしてこうも気分が良くなるんでしょうね・・・。癒されます。

ずっーと登り続けてようやく出てきたレストハウスで遅めの昼食。
時間あるから登山でもするかという話が出ましたがさすがに却下させてもらいました。

そのまま宿に向かって下り開始。
ですが下りながらも地味に登りを入れてくるこの道はなんなんですかね・・・。

ゆっくり下っていると先に行ったはずの越智さんがなにやら自転車をいじっています。
どうしたのかと尋ねると、

「一瞬寝てて横の溝にはまって一回転した。」

爆笑しました。
あ、一応ちゃんと怪我がないことは確認しましたよ?

幸い自転車にもそんなにダメージはなく、先に下ってていいよと言われたので下りの苦手な私は遠慮なく先に行かせてもらいました。
速攻抜かされたけど。

宿への分岐まで下り、そこからまた登っていくと岩にそのまま穴を開けたようなトンネルを発見。
IMG_4215.jpg


そこを通り抜けた瞬間周りの印象が一気に変化しました。
自然の色が濃くなったというか・・・少し昔の時代に来たかのような・・・初めて感じる気持ちを手に入れました。
感動?かな?

宿の近くにはこれまたきれいな川があり、自転車と風景の写真を撮ったりしました。

宿の部屋に入るともうこたつが出ていて驚きました。やっぱ標高高いと寒いんですね。

1日目だけで色々ありましたがなんとか終了ー。


【2日目】 走行距離:95km

はい、2日目の始まーりー。
足しんどっ。

今日は下りメインなので早速下って行きますよー。

ところどころキレイな花が咲いていて景色がきれいでした。

しばらく下って行くと久々に見る気がする青看の登場。
それを見て越智さんが一言。

「あ、ごめん。これ黒森峠登るわ。」

ほえ?

青看には黒森峠18kmだか16kmだかの文字。(すいません。うろ覚えです。)
しかもその分岐から登りが速攻で見える・・・。

とりあえず漕ぐしかないのですが、私は1つ勘違いをしながら登っていました。
なぜか青看を見て、黒森峠の登りが始まるまで18kmあると思っていました。

なので越智さんが止まっているのを見つけてようやく峠の登りが始まるのかなと前方を見ると下り坂が、上を見ると黒森峠といういつもの白い看板が見え、



ってなりました。

少し考えた後ようやく自分の勘違いに気づきましたが、なんか自分の中で黒森峠が消失したかのような気分になりました。
うーむ・・・。

気を取り直してこっからはずっと下り続けて行きます。

下りきるまであと少しというところで白猪滝という看板を見つけ、寄り道することに。
しかし私はこの判断をすぐに後悔しました。

なかなかの道の悪さ+激坂が始まったのです。途中からもう自転車を押して登りました。
これで滝がしょぼかったらどうしてくれようかと考えていましたが結構キレイな滝があらわれ、おお・・・!ってなりました。
IMG_9218.jpg

これだけでちょっと疲れがなくなる感じがするんだからチョロいもんですね。自分。

この後は昼食を食べたりカフェで甘いものを食べて休憩したりしました。
ちなみにカフェで越智さんはトマトとかいうおぞましい食べ物のシフォンケーキを食べていました。

意味わからん。

その後も寄り道しながら今治市へと向かい無事今日の宿に到着!
これにて2日目しゅーりょー。


【3日目】 走行距離:156km

はい、ようやく3日目です。そろそろブログを書くのも飽きてきました。

この日はしまなみ海道に向かいます。
ずっと行ってみたいなと思ってはいたのですが、なんだかんだで私は初のしまなみですね。
DSC01135.jpg


橋の上は景色がきれいで走りやすかったです・・・が!
途中の島々のアップダウンが死んでる足にはとてもきついものに感じられました。

寄り道したところで面白いバイクスタンドを発見。
DSC01127.jpg

DSC01129.jpg


時間を見ながら行けるとこまで行こうとか言いながら走ってたら結局尾道まで走ってしまいました。
さすがに越智さんも疲れた様子ですぐに見つけた店に入って昼食をとり休憩ー。

向かい風の中ずっと前を走ってもらっていたので疲れるのは当然ですよね・・・。
ごめんよ!ありがとう!

店を出た後は再び今治を目指すため来た道を戻ります。
帰りは行きより道がしんどくなかったので助かりました。

それでも着実に足にはダメージが溜まっていきましたが。
最終的には足が痛みを主張しなくなったので感覚が麻痺するってこんな感じなのかなーとか思いながら漕いでました。

しまなみ海道の入口まで戻って橋が見えるところで夜ご飯!
IMG_8725.jpg

あれですね・・・もう少しご飯の写真とかちゃんと撮っておくべきでしたかね・・・。
ここではピザなどを食べましたが美味しかったです。

夜ご飯も済み今治駅で輪行の準備をして高松へと帰還。

これにてツアー終了です!
やっぱり自然に触れるのは良いものですねー。
お疲れ様でしたー。

そして読んでくれてありがとうございました!


メンバー:55期 越智、濵中
総走行距離:332km
期間:9/12~14

投稿者:55期 濵中



夏の終わりの愛媛ツアー

メンバー:シューヘイ、かけとら、まっすん(ますお)
総走行距離:60kmちょっと
期間:9/22~9/24

こんにちわ~。56期のますおです。
僕の実家は愛媛県の小さな島であります。島には、コンビニも飲食店もアニメイトもありません。大学生になって高松に住むようになりましたが、僕からしたら高松なんてめちゃくちゃ都会なわけです!高松なんていう都会のコンクリートジャングルで生活してたら故郷が恋しくなることもあるもんです。
そこで思いついたのが、ツアーで実家に帰るということ。ついでに、こちらも思いつきですが、BBQもしちゃおうということになりました。そして、1回生なら誘ったら来るんじゃねと思い、個装係の後輩に声をかけてみると、なかなか乗り気だったので、3人でいくことに…さぁ、愛媛へ!

1日目
1443394396431.jpg
8:20に高松駅に集合。輪行の準備をして、一気に松山までとぶ。
1443394908073.jpg
↑Vルートで壮絶な戦いを終えて、完全に気が抜けていた筆者
多度津で乗り換えなければいけなかったのですが、迂闊でした…
となりに座っていたおっちゃんに話しかけられ、気をとられているうちに乗り越し…

松山までの道のりは5時間と意外に長い。電車内では、シューヘイがどんどんやつれていくのが分かりました。笑

1日目はカラオケかネカフェで夜を明かす予定でしたが、価格の安さに目を付けカラオケ招き猫にすることに。
かけとらが筆者の実家で麻雀をしたいというので、麻雀パイを求めて、ドンキホーテに向かいました。かけとらの購入した麻雀パイを見て、筆者はこいつホントに持ち運べるのかと疑問に思いましたが、かけとらの新しいリュックは想像以上に多機能で、うまい具合に背負うことができたようでした。しかし、5,000円の麻雀パイを購入するとは、これこそ衝動買いと呼ぶにふさわしい買い物ですね。
18:00になったぞ!さぁ、歌おう!カラオケ招き猫に到着しました。
1443394646216 (1)
シューヘイは「島人の宝」をしっとりと歌いあげます。筆者は島人なので、少しセンチメンタルな気分に…
1443394612415.jpg
今夜のご飯はドーナツ!甘くておいしかった!
散々騒いでいましたが、3:00頃にはみんな眠気に負けていました。※かけとらは完全に深夜テンションで元気でしたが、筆者とシューヘイがダウンして、仮眠をとることに。

2日目
1443394676430.jpg
走行2日目です。筆者のCannondaleも眩しく光っています。うん。実に、いい天気だ!

2日目は筆者の実家がある八幡浜市へ向けて、海岸線を気持ちよく駆け抜けます。景色がとてもキレイでした…が、とくにおもしろいこともなかったので、写真は載せません。笑

八幡浜市に着いたのは昼過ぎ。16:00の船までの時間を潰すために、フジグランへ。
1443394752158.jpg
かけとらがゲームセンターでしおい(フィギュア)をGET!やったね!かけとらはここでも5,000円ほど使ったのだとか。

16:30頃、筆者の実家がある大島に到着。1回生2人は声をそろえて「ガチの島や…」
小さな島なので、島民はみんな顔見知りなんです!筆者は親戚のおじさん、おばさんたちに久しぶりに出会い、テンションがあがる↑↑

18:00頃、BBQ開始!このツアーのメインイベントです!たぶん
1443394943352.jpg
いや~、田舎のご近所パワーはすごいですね。今日のために漁協の方たちが伊勢海老やサザエを用意してくれました。(もはや肉の存在感が薄すぎます…)至福のひと時です。ちなみに、伊勢海老の脚は動いていました!

1443394768766.jpg
↑伊勢海老にかぶりつくシューヘイ。野生の本能が目覚めましたね。笑
かけとら曰く、伊勢海老の味が強すぎて醤油かけても、醤油の味が分からないとのこと。

1443425140642.jpg
お腹いっぱいになった後は、麻雀を初めました…が、10:00頃に3人とも眠気に襲われました。
そして、実は筆者がドンキホーテで購入していたジェンガで1回だけ遊び、寝ることに。久しぶりにするジェンガは意外とぐらぐらして、スリルMAXでした。

3日目
ツアー最終日はあいにくの雨でした。八幡浜市内を走る予定を立てていましたが、断念して、松山まで輪行→エミフルMASAKI(でかいショッピングモール)→高松まで輪行という流れに。

1443394792207.jpg
朝7:30の船で大島を後にしました。年末には帰ってくるからね~
思えば、この島にはいろいろな思い出があります。
少年は、今は廃校となった大島の学校に12才まで通った。少人数の学校だからこその経験がたくさんある。水泳の練習と陸上競技の練習キツかったなぁ…夏休みの親子キャンプでは昨日みたいにBBQしたなぁ…土日は美術の先生が学校で映画の上映会をしてくれたっけ…授業中に教室の窓からイルカの大群が見えて、授業が中断したこともあったなぁ…
またしても、センチメンタルな気分になりました。笑

1443394814344.jpg
八幡浜駅で記念撮影。真ん中のキャラクターは筆者の母校である八幡浜高校の商業研究部が生み出したんだっけな、たしか
しかし、こいつはどんなにカワイイ感じにしても裸のオッ…いや、カワイイでしょ!

1443394447022.jpg
松山に着き、走行開始です。なんと、雨は止んでいました。僕たちのツアーのフィナーレを天が祝福してくれているみたいですね。筆者が完全に今年の四国ラリーのノリで、「エミフルで映画みる?」と言うと、ホントに映画を見ることになっちゃいました。

1443394845995.jpg
見た映画は「心が叫びたがってるんだ」です。この映画は僕たちに大きな感動を与えてくれました。最後に映画を見て、充実感いっぱいでツアーを終えることができたと思います。ツアーの最後に映画を見るというのもいいもんですね。かけとらは期待してた1.5倍はよかったと言っていました。1.5がリアルな数字なだけに、この記事を読んでいるみなさんもこの映画のことが気になってきたんじゃないでしょうか?この記事を読んでいるときがまだ公開期間だったら、迷わず映画館へ行きましょう!

おまけ
1443394872164.jpg
映画を見た後、筆者の心は叫びたがっていました。笑

愛とナミダと友情の九州ツーリング~最終章~

愛とナミダと友情の九州ツーリング
     ~最終章 ただいま都会の街並みそして感動の...~

またまたみなさんお会いしましたね。
長らく続いたこのブログもいよいよこれで最後です。
どうぞ最後までお付き合い下さいね。

~六日目~
朝4時。
ガクガクガクガクガクガクガクガクガク

標高1000mの朝は寒い。
外で寝た男たちは寒さで震えていた。
「寒いならテントで寝ろよ」
と思ったアナタ。
甘いっ!
寒さで体が動かないのだ。
2時にはサバイバル班の誰もがテント泊を決意したが体が動かず断念した。
中には夢の中でホットコーヒーを買うやつまで現れる事態だ。

まずは自販機で暖まろう。

そう決意した我々は自販機に向かう。
なんとここの自販機にはホットコーヒーがおいてあるのだ。
恐らく我々のためを思っておいてくれたのだろう。
各自コーヒーで暖まり体力を回復する。

勇者マスオさんにもコーヒーのさし入れをする。

5時になりテントをしまい朝ご飯だ。
火器の燃料もあり今日は各自で食べる。
多くの人はスーパーで買ったパンを食べる。
朝から1.5合のご飯を食べていたから朝が楽でいい。
1444284271148.jpg

さ~て、走る前に一本。
※ココアシガレット(おかし)です。

今日は1000m下り久留米市に行くぞ。ここまではほとんど一本道だったから地図読み力が試されるぞ。
DSC00992 縮小

3つの走行班に分かれ下る、下る、下る、下る。
ってくらい下ってました。
10時くらいには町までおりてきた我々。
昼は道の駅で食べる予定だったのでとりあえずそこまで行きましょうか。

~一時間後~
地図上では道の駅まであと1センチまで来ているのにわからんっ!
結局ここで30分くらい格闘してから道の駅に行きます。
着いた道の駅で昼食。
近くのうどん屋に入ります。
ところで香川にいると感覚がマヒしてしまいます。
なぜなら香川なら500円あればおなか一杯食べられてお釣りもあります。
しかし他県なら500円では食べられない上におなかも十分に満たせないのですね。
ということをひしひしと感じたお昼でした。

午後からは30キロくらいしか走らず地図読みがメインでした。
途中のイオンにて夕飯および朝ご飯を買い、近くのコインランドリーによります。
私とマスオさんはキャンプ場で遊ぼうとボールを買いました。
いや~、楽しみだな~。
洗濯をして私たちは今日の風呂を目指します。

これがきつかった。
風呂がない。
いったいどこにあるのだ。
各班が風呂探しで悪戦苦闘している中こんな連絡が...

「風呂場の途中の砂利道がきつくてそのあとに激坂が...」

まぁ行けるでしょ。
といってみたら地獄を見ました。
1444283833066.jpg

んじゃこりゃ~っ!
登れません。
みんなで仲良く押して上がります。

そんなこんなで風呂です。
日本(略)
1444283921523.jpg

すっかりひもくれていましたが夜景がやけにきれいでした。
風呂からでたら温泉卵を食べていました。
このあと飯だぞ~~、残さず食えよ~。
DSCN0907.jpg

夜だったのでここからは2回生によるすばらCペースの出番です。
雨が降ってましたがなんかそんなものは気になりませんでした。

30分後にはキャンプ場に着きました。

さ~て、ツーリング最後のご飯(明日の朝は各自のため)は
「炊きこみごはん」
です。
いや~、炊き込んでこそのツーリングですね。
DSC01015 縮小

おいしいごはん期待してるぜっ!
1回生が米炊きしている中残りのメンバーで豚汁を作ります。
もちろん、ネギ入りでっ!!
九州ツーリングはみんなネギが大好きなのです。
トマトは苦手ですが.....私が。

さてさて米が炊きあがったようですよ。
こちらも豚汁は完成してます。
おいしそうだ。

ここでサバイバル班の豚汁には私が買っておいた麩を入れました。
失敗に終わったことは黙っておきます。

雨で少し寒かったので豚汁は暖まりました。
食べた後は食器を洗い寝る準備です。

あいにくの天候でボールでは遊べませんでした。
仕方ないですね。
人は自然には勝てないのです。

ではではおやすみ。
お分かりと思いますが男はみんな外ですよ。


1回生は知らないだろうがこの後上回生による秘密の会談が行われていたのだ。
詳しくは吉田さんに聞いてくれ。

じゃあ、また明日。

~最終日(七日目)~

ザーザーザーザー

最終日は雨です。
いや~、最後まで雨とか、これも思い出ですね。

ではでは、テントをしまい朝ご飯にしましょう。
各自昨日買ったおにぎりやらパンやらを食べます。

頑張れ~、博多まであと50kmだぞ~。

走行の準備を終え出発です。
DSC01029 縮小

かっぱを着て走ります。
転ぶなよ~、転ぶなよ~、転ぶなよ~、転ぶなよ~。


そんな時
「礒野と山崎が落車(転んだ)した」
何やってんだよ....

「礒野のホイールが曲がって走行不可能」
何やってんだよ....
DSC01031.jpg

博多まであと40kmで礒野脱落

気をつけような、みんな。

急きょ走行班を二班に分け博多を目指す。
途中からは天気も回復し我々を祝福しているようだ。
DSCN0914.jpg

お昼は博多ラーメンを食べる予定なので昼までには着きたいぞ。

執行部が用意した分かりにくいルートを1回生が四苦八苦しながら解読する。
CIMG1665 縮小
みなを待つイニキ...
何とか一時には博多駅に着いたぞ。
DSCN0918.jpg

感動のゴールですよ。
7泊8日の長かったツーリングも終わりです。
ゴールが近づくとなんか寂しくなるものです。
DSC01032.jpg

でも達成感に満ち溢れております。

自転車を駐輪場に置き荷物をロッカーに預けます。

ここからは各自お土産を買います。

博多といったら
A.辛し明太子
B.通りもん
C.ポケモンセンター
D.マクドナルド

D.のマクドナルド、で
ファイナルアンサー?
ファイナルアンサー...

.............................。
正解っっっっっ!!!!!!!

すみません。少々取り乱してしまいました。

それぞれ好きな物を買いました。
DSCN0932.jpg

この後は打ち上げなのですがその前に風呂です。
(略)
↑もうこれだけで何が言いたいかわかりますよね。

晩はみんなで打ち上げということで馬刺しやもつ鍋のおいしい店に行きました。
濵中さんおいしいお店でしたよ。
DSCN0933.jpg
CIMG1681.jpg
1444284353510.jpg


みんな楽しそうです。
思い出話で盛り上がります。
みんな仲良くなりました。

おなかも心もいっぱいになり今日はネカフェで寝ます。
今日は屋根があるぞ~~。
とりあえずのんのんびy...

早く寝るか。
疲れているし。

みんな疲れていたので早く寝たのでしょう、多分...

明日は輪行して高松まで帰ります。
いつも通り5時起きです。
おやすみ~~。


~8日目~
朝早くに現実に引き戻さr...起こされた私は後ろ髪をひかれる思いでネカフェを後にします。

まずは輪行の準備です。
みんなうまくなりました。

朝7時前の電車で博多を出ます。

寝過ごすなよ~~。
といっている私が寝過ごしそうでした。

みんな疲れが出ています。
ぐったりしています。

5時には高松に着きました。
DSC01061.jpg


香川大学に帰るまでがツーリングですからね。
駅にはたくさんのお迎えの人が来ていました。
ありがたや~~。
DSC01059.jpg

さてさて、ここからが重要です。
ツーリングは
・テント技術
・米炊き技術
・火器使用技術
・ペース技術
・地図読み技術
・サブリー技術
を評価するためのものでもあるのです。

さてさて気になる結果は....????
1444284101073.jpg

試験の合否も大事ですが何よりみんなが無事帰ってきたことが大切です。
愛車が傷ついた人はいますが...

さてさて長かった九州ツーリングもこれで終わりです。
DSC01065.jpg

1回生にとっては初めてのツーリング。
楽しかったでしょうか。
2回生にとっては2回目で(特に責任もない)楽しいツーリング。
思い出になったでしょうか。
3回生にとっては最後のツーリング。
3年で一番楽しかったものになったいたら嬉しいです。
またキャンプ場から観光地、おいしい物をはじめとするルート作り。
早い時期から準備をされてのツーリングでした。
この九州ツーリングが成功に終わったは言うまでもない3回生さんのおかげです。
僕たち下回生は楽しい思い出をたくさん作れました。
九州ツーリング下回生を代表してお礼申し上げます。
ありがとうございました。

と堅苦しいことはここまでにして.....
ここからはみんなに感想を言ってもらいます。

1回生
中ちゃん
ほぼ毎日が雨の中走るという普段あまりしない環境で強いメンタルを鍛えることができた。

愛ちゃん
初めての長い自転車旅でつらいときもありましたが、今思えばとても楽しかったです。

かけとら
みんなと7日間走行し、テントで宿泊したことはとても楽しかったです。
また、雨の日の走行が多く残念でしたが阿蘇山は晴れて良い景色が見れてとてもよかったです。

すどしょう
阿蘇山の景色がめっちゃ綺麗で感動しました。

ザキオ
連日雨が降っていたけど毎日楽しかったです。阿蘇山からの景色は最高でした。

イニキ
かなりしんどい日もあったんですが基本的に楽しく7日間サバイバルに走り切れたと思います。

とっつぁん
ツーリングを通して一回り成長できました!
同じ班の皆さんとは一層仲良くなれたし、とても楽しいツーリングでした。

2回生
マスオ・エネミック・ベギゴーン氏
阿蘇山の景色は素晴らしかったです。一生忘れません。2回目のツーリングは目一杯楽しむことができたと思います。

次期副将 大西友希様
ずーっと雨降っていたけど阿蘇山は綺麗に晴れてすんごくよかった!1回生も覚醒してよかった!笑 けどボラマンデの副将いじりが激しくなったのはよくなかった!!!!
けど充実したツーリングになりました!

ボラマンデ先生
楽しいツーリングでした。何より去年のリベンジだった阿蘇山が晴れて気持ち良かったです。あと博多駅で十分にお買い物できたのもリベンジできました。
みんなそれぞれいい方向にネジが飛んで行ったのでほんとに楽しかったです。
あとブログ作るのは疲れました。

3回生
第55期 副将 濵中美帆様
お疲れっす。

ツーリングの感想ねー。

一つ下の後輩が変な仲間を増やしつつあるのが気になりましたが、阿蘇山リベンジ成功してよかったです。

くらいかな( ̄▽ ̄)

吉田氏さん様
山あり海あり、晴れあり雨ありゲリラ豪雨ありといろいろつまった最高の7日間(8日間)でした。自分で作ったコースながらなかなか走ったなーと...
阿蘇山も噴火しなくて良かったです。(登った1週間後に噴火した...)最後までついてきてくれた1,2回生ありがとう!

p.s. ...コワカッタ、アネサンガコワカッタ(ノ_<)...

みんな得るもの、感じるものもそれぞれですね。
さてさて来年はどんなツーリングになるのでしょうか。
それでは2015年
「愛とナミダと友情の九州ツーリング」
はこれにて終了です。
長い間お付き合いいただきありがとうございました。

制作 KUCC第56期 砂田真輝
九州ツーリング 全員 改
カウンター
プロフィール

香川大学サイクリング部

Author:香川大学サイクリング部
ここは香川大学サイクリング部のブログです、気軽に覗いていってください。

我々は「旅に生き、風になる」

☆使い方☆

Twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。